オルガンシューズ  Organ shoes

オルガンを弾くとき、オルガニストは、外を歩く靴からオルガン用の靴に履き替えます。
オルガンを習い始めると、先生から、オルガンシューズを買うように、言われます。


a0250338_1835241.jpg


ふつう、日本でオルガンシューズと言われて、みんながよく履いているのは、ヨシノヤのオルガンシューズ・・・
上の写真は、私が、長年履きつぶしたもの…汚くてごめんなさい。
皮底、ひも靴で、少しヒールがあります。

この靴を袋に入れて、オルガンの練習に行くときや、本番は、いつもバッグに入れて持ち運びしています。

結構重さもあるし、かさばる…楽譜もあるから、いつもボストンバッグを持つことになっちゃう。
それで、もう少し、コンパクトで、しかもオルガンのペダルが弾きやすいものを、捜すことになります。

a0250338_1158231.jpg


これは、ポケッタブルの室内履き…軽いし、とても小さくなってケースの中に収納できます。

ペダルが非常に軽いオルガンで、つま先だけを使うバロックの曲などを弾くときは、この室内履きは、雑音がせず、静かに柔らかいタッチで弾くことができます。
チャコットで売っているバレエシューズも、同じく弾きやすいです。

オルガンシューズ…外国にもあるのかしらと、イタリアにいる日本人のオルガニストの方に聞いたところ、靴の国イタリアでは、オルガンシューズという特別なものは、ないそうで、みんな自分の好きな靴を履いているということでした。
確かに、向こうでは、外を歩いていた靴をはきかえず、みんなそのままオルガンを弾いていたような気がします。

アメリカから、女性オルガニストのキャロル・テリー先生がいらっしゃった時、私のヨシノヤのオルガンシューズをご覧になって、「とっても、弾きやすそうだわ、どこに売っているか教えてちょうだい」とおっしゃっていました。

弾きやすい自分の足に合ったオルガンシューズを持つことは、オルガニストにとってとても重要なポイントなのです。



CDのご紹介です。


[PR]

by fiorimusicali | 2012-08-19 12:21 | オルガン Organ  

<< 白川イタリアオルガン音楽アカデ... クーちゃんのお願い  Coo`... >>