徳岡めぐみ先生のパイプオルガンコンサート Megumi Tokuoka Pipe Organ Concert

a0250338_16375053.jpg

a0250338_16382854.jpg


今週の日曜日、豊田市コンサートホールで、徳岡めぐみさんのパイプオルガンコンサートがありました。
徳岡先生は、豊田市コンサートホール専属オルガニストで、私の所属する豊田市オルガン研究会の講師をしてくださっています。

今回のコンサートは、バッハコレギウムジャパンのメンバーで構成される声楽アンサンブル「アンサンブル小瑠璃」との共演で、オールバッハプログラムでした。

オルガン独奏は、「ピエスドルグ」「協奏曲イ短調(原曲ヴィヴァルディ)」「小フーガト短調」「パッサカリア」などで、私にも馴染みの深い名曲ばかりでした。

声楽アンサンブルとの共演は、カンタータやヨハネ受難曲の中の有名な合唱や、コラールで、これも、BCJのファンの私と肇さんにとっては、馴染み深い曲ばかりでした。

声楽とオルガンがよく溶け合ってとても美しかったです。
また徳岡先生のオルガン独奏は、すっきりとスマートな美しい演奏で、観客を魅了していました。

ちょうど一ケ月ほど前には、わたくしも聴衆の前でこのオルガンを弾いていたのだと思うと感慨無量でした。
本当に豊田のオルガンは素晴らしいので、これからもこのオルガンで勉強を深めていきたいと、思ったことでした。
[PR]

by fiorimusicali | 2013-01-24 17:01 | オルガン Organ  

<< コンサートの後で   Afte... さよならドビュッシー Good... >>