<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

アカデミア・サンタ・チェチリエ ACADEMIA SANTAE CAECILIAE

a0250338_2175398.jpg

a0250338_2185921.jpg

音楽の聖女、サンタ・チェチリエのお名前をいただいた音楽教室、アカデミア・サンタ・チェチリアは、布池教会の中にある音楽教室です。


今日は、可愛い生徒さんのレッスン日でした。
a0250338_21425998.jpg


小さいころから ずっとおけいこを続けてきた遥(はるか)ちゃん…
今日は、ショパンの「幻想即興曲」と、モーツァルトの「ソナタ イ短調KV 310」を聴かせてくださいました。
大家のピアニストでも難しいこれらの曲ですが、珠玉の名曲を弾く喜びは何にも替えられません。

遥ちゃんに、一番好きな作曲家は誰?と尋ねたら…「バッハ」というお答えでした。
まあ、私と一緒ですね!
ショパンもモーツァルトも素敵だから誰が一番なんてとっても難しい質問ですけれど、私もバッハが大好きです。
遥ちゃんも「平均律クラヴィア曲集」「フランス組曲」「イタリアンコンチェルト」などたくさんバッハの名曲をおけいこしてきました。

教室の壁にかかっている素敵な絵をご覧くださいませ・・・

a0250338_2262799.jpg


ほらね!ヨハン・セバスチャン・バッハ(Johann Sebastian Bach)先生です。
バッハ先生はお弟子さんたちに、いつも
「君が私ほど熱心に練習するならば…素晴らしい音楽家になれるだろう」
とおっしゃっていたそうです。

あまりにも美しいバッハの音楽。

大切に大切にしたいです。


a0250338_2237823.jpg

a0250338_22314785.jpg

a0250338_22333019.jpg

a0250338_22591845.jpg

a0250338_2247263.jpg

a0250338_5401161.jpg

名古屋の中心地、地下鉄東山線の新栄の駅からしばらく歩くと、美しい教会の塔が見えます。
カトリック布池教会(布池カテドラル)です。
教会の中には布池文化センターと布池外国語専門学校が併設されています。
音楽教室、アカデミア・サンタ・チェチリアは、文化センターの一部門で、ピアノ・ヴァイオリン・フルートなどいろいろな楽器の講座が開かれています。

布池文化センターのホームページはこちらです。
http://st-mary-nunoike.com/
[PR]

by fiorimusicali | 2012-04-21 23:04 | ピアノ Piano  

もりの本やさん Library in the Unuma grove

a0250338_2052428.jpg


桜の花は、私たちの心に美しい思い出を残して散っていきました。
そして今はもう、鵜沼の森は薄緑にその姿を変えています。

森の中の小さな図書館、「もりのほん屋さん」で借りていた本を返すために、いつものお散歩道を行きました。

a0250338_2135498.jpg


まず うちの玄関のお花を見てから角を曲がると、かわいい…ご近所のおうちのチューリップが歌を歌っているみたいです。

a0250338_2164620.jpg

a0250338_6153894.jpg

a0250338_6165398.jpg

ちょっと雨が降ってきました。傘をさして池まで歩きます。
a0250338_22335397.jpg

a0250338_21102338.jpg


a0250338_2111183.jpg


a0250338_21145470.jpg


小さな森の図書館 「もりの本やさん」に着きました。
以前は子供の本が主体だったけれど、最近は大人の図書もずいぶん増えました。
楽しい本が見つかるので、私は毎週のように来ています。

a0250338_2123678.jpg


この前お借りした4冊をお返しして、また何かいい本はないかしらと見てみます。
写真の撮り方(フォト・スタイリング)の本・・・こういうの読めば上手になるかしら・・・
手塚治虫の聖書物語…楽しそう!

今日は、5冊お借りすることにしました。

子供の本のコーナーも覗いてみましょう。
可愛いご本がいっぱいです。

a0250338_2135324.jpg


a0250338_21363283.jpg


休憩コーナーもあります。

a0250338_21384880.jpg


外に出て少し歩きました。本が重いし雨がちょっと降っているのですこしだけです。
a0250338_6204348.jpg

a0250338_21452552.jpg


a0250338_21463625.jpg

a0250338_622360.jpg

柔らかな木々の緑に癒される午後のひとときでした。

a0250338_21482457.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2012-04-20 21:56 | 生活 Life  

モーツァルト Mozart 

a0250338_9524153.jpg

ウィーンに住むお友達の女性オルガニスト、エリザベート・ウルマンさん(Prof.Elisabeth Ullmann)から頂いた絵はがきです。
彼女は、ウィーンから特急電車で3時間ほどの距離にある、ザルツブルグのモーツァルテウム音楽院(Universität Mozarteum Salzburg)のオルガンの教授をなさっています。

ザルツブルグはモーツァルトの故郷です。

このはがきの写真は、モーツァルトの住家に展示されている、アルベルト・ベール製オルガン(1760年頃)ということです。

とってもきれいな可愛いオルガンですね。
小さいころのモーツァルトがこのオルガンを弾いていた姿を想像すると、どんなにかわいらしかったか…楽しいですね!
きっと素敵な音がするんでしょうね…大オルガンとはまた違う、雅やかで、かわいらしい音色なんでしょうか・・・

モーツァルトの肖像画は、ドーリス・シュトックによる銀筆画1789年とあります。

モーツァルトの生まれたのは、1756年1月27日ですから、彼の33歳の頃の絵ですね。
モーツァルトはなんと35歳という若さでこの世を去っているので、この肖像画は、もう亡くなる少し前のものだということがわかります。

ああ かわいそうなモーツァルト、彼が死の床で、「レクイエム」を作曲した姿は映画「アマデウス」でも印象的に描かれていました。






私は、彼の音楽の天国的な美しさ、上品さ、デリケートな優しさや、彼が両親や友人にあてた、愛情あふれる手紙の文章から、モーツァルトはとっても素敵な優しい、そして楽しい人、また思慮深い人だったのではないかと思っています。

1787年の春、彼が31歳の時、おそらくは、父レオポルドの死を予感して書いたと考えられている4月4日の手紙の一節をご紹介しましょう。

「死はしばらく考えますと・・・私たちの生の眞の最終目的でありますから、僕は、この人間の真実で最良の友と数年来、ひじょうに親しくなっています。
そのため、その姿は、僕にとって、ただたんに恐ろしいものでないばかりか、まったく心を安らかにし、慰めてくれるものなのです!」


モーツァルトは天上の安らかさを信じていたのですね。

短い生涯に素晴らしい音楽をたくさん残して、天の国に旅立ったモーツァルト。

さわやかで美しい彼の音楽が、私は大好きです。

a0250338_117314.jpg


これも、エリザベートさんに頂いたはがきです。

写真上は、モーツァルテウムの美しい大ホールに新しくできた大オルガン、

写真下は、モーツァルテウムの中に残っている「魔笛」を作曲した小屋です。

[PR]

by fiorimusicali | 2012-04-20 11:33 | オルガン Organ  

幼なじみ Childhood friend

a0250338_23384918.jpg

私がこの世に生まれたとき、初めて出会ったお友達が美郷(みさと)ちゃん。
私よりちょうど7か月早く生まれた美郷ちゃんと、幼いころからずっと仲良くしています。

私たちの両親たちも親友でした。

小さいころ一緒に過ごしたクリスマス・・・海水浴…楽しい思い出がいっぱいです。

今彼女は、シカゴに住んでいます。
ご両親と一緒に、私と母と妹もシカゴまで彼女を訪ねて行きました。
あれはもう何年前になるのでしょうか・・・そのころ私の母も彼女のご両親も高齢でしたが、まだまだお元気でした。

今日はそんな私の幼なじみ美郷ちゃんが、美郷ちゃんのお母さまと私の母の家を訪ねてくれました。

今回の帰国は、彼女のお父さまのご病気を心配してのこと。
幸い重篤には至らなかったので、彼女も私もほっと一安心。
親思いの彼女は、ご両親のために、お食事作りや、病院の送り迎えなど一生懸命です。

今日は、久しぶりの再会です。
母と弟一家の愛犬ククちゃんの熱烈歓迎を受けた、美郷ちゃんとお母さま。

ククちゃんは、9月9日生まれ、まだ7か月です。よろしくね!

a0250338_017041.jpg



優しいお客さまがいらしたのでククちゃん大喜びでした。

しばらく楽しくおしゃべりをした後、弟のお店ポン・レヴェックにランチを食べに行きました。

a0250338_0422052.jpg


みんなで、可愛いココットに入ったシチューをいただきました。

a0250338_0354973.jpg



普段あんまりたくさん召し上がらない彼女のお母さまも、「お野菜もお肉もやわらかくてとってもおいしいわ!」
とおっしゃって、残さず食べてくださいました。

デザートは、マスカルポーネのはいったプディングでした。

a0250338_0461245.jpg


これもとってもおいしかったです。

a0250338_0493068.jpg


a0250338_0532487.jpg


a0250338_0551764.jpg


a0250338_11088.jpg


a0250338_135770.jpg


a0250338_154750.jpg


a0250338_1285246.jpg


美郷ちゃんが、母と私に素敵なおみやげをくれました。
宝石のように光るチョコレートと

美郷ちゃんお手製の「無農薬甘夏のマーマレード」

母にはブルー、私にはレッドのかわいいポットに入っています。

a0250338_116984.jpg


美郷ちゃんありがとう!
「甘夏のマーマレード」ほろ苦くて、とってもいいお味。
この香り、大好きなの・・・

a0250338_1181553.jpg


今日も本当に素敵な楽しい一日でした。

美郷ちゃんのお父さまお母さまそして私のお母さん、いつまでもお元気で…長生きなさってくださいね。
お祈りしています。

美郷ちゃん またお会いできる日を楽しみにしています。

a0250338_1223391.jpg



弟のお店「ポン・レヴェック」のホーム・ページはこちらです。
http://www.pont-leveque.co.jp/
[PR]

by fiorimusicali | 2012-04-19 01:34 | 生活 Life  

花びらの雪 Snow of petals

桜の花びらの雪・・・

庭いっぱいに広がって、一面のピンク・・・


a0250338_5575924.jpg


今年も私たちに素敵な思い出をくれた桜の花たち。
ありがとう・・・


a0250338_5594712.jpg



こうやっていつも私の小さなお庭をピンクに染めて、あなたたちは、去っていく・・・


a0250338_614954.jpg



ありがとう、さくら・・・ありがとう、さくら・・・


a0250338_6144342.jpg



また来年・・・
[PR]

by fiorimusicali | 2012-04-18 06:12 | 生活 Life  

ガーデニング Gardening

a0250338_234256.jpg

うちの前の大きな桜の木から、今日は、ひらひら、花びらが、風に吹かれて舞い散ってきました。
ピンク色の夢の世界も、やがて、緑に変わっていくのですね・・・
寒い間、お花が枯れてそのままだった、我が家のちいさなお庭に今日は、春のお花を植えました。

昨日、近くにガーデニングのお店がオープンしました。
朝、仲良しのお隣の奥さまに、そのことをお話ししたら、「行ってみたいわ…」とおっしゃって、「それなら私も…」と、ご一緒させていただくことにしました。
実は、私は昨日、肇(はじめ)さんとそのお店に行ったのですが、もう少しお花の苗を買いたかったのです。
a0250338_2395871.jpg

お玄関にも、お花の鉢を置きました。
a0250338_23125483.jpg

かわいいイチゴの鉢も買ってきました。
イチゴを一粒食べてみてビックリ…今まで食べたどんなイチゴより甘かったのです。
a0250338_2316870.jpg

a0250338_23202479.jpg

クーちゃんは、お庭で自由に遊びたいのだけれど、町内のきまりで、リードをつけられて、かわいそう・・・
a0250338_23235318.jpg

写真ではよくわかりませんが、お部屋の中から見ると桜もとてもきれいです。
a0250338_23264816.jpg

今日のお昼は、ガーデニングのお店にあるカフェで、お隣の奥さまと、お茶とサンドウィッチをいただいて、とても楽しかったです。
素敵な一日でした。
[PR]

by fiorimusicali | 2012-04-15 23:34 | 生活 Life  

おもちゃの博物館 Spielzeug-Museum im Buergerspital

a0250338_4435031.jpg

ザルツブルグを旅した時、私たちはビュルガーシュピタール(Buergerspital)という、かつての市民救済院の中にある、おもちゃの博物館を訪ねました。

おもちゃだけでなく古楽器のコレクションもある、とても素敵な博物館でした。
アンティークのお人形は可愛いし、古楽器もとても不思議な形の面白いものばかりだったので、たくさん写真を撮ってきました。
a0250338_5122492.jpg

a0250338_5142439.jpg

a0250338_51667.jpg

a0250338_5175148.jpg

a0250338_5203181.jpg

パン屋さんのドールハウスは、動くお人形で、作業をしている様子を表していました。
a0250338_5252942.jpg

動画で撮ったのですが、データをなくしてしまい残念です。
a0250338_5305632.jpg

これも動くお人形でした。何をしているところかな?
a0250338_5344988.jpg


古楽器も今のとはちょっと違う形のものがたくさんあって、楽しかったです。
a0250338_5382797.jpg

a0250338_542215.jpg

a0250338_5443171.jpg

a0250338_5483929.jpg

a0250338_554988.jpg

古楽器は、ウィーンにも素晴らしい博物館があって、たくさん見学することができました。

ザルツブルグは、「サウンド・オブ・ミュージック」で、トラップ大佐の子供たちがあやつり人形を動かしてお客様に見せるところが出てきたように、マリオネットの劇場があったり、お人形の文化が豊かなところだと思います。
街角の屋台のお店にも本当に可愛くて素敵なお人形が売られていました。
大好きなザルツブルグ…また行きたいです。
[PR]

by fiorimusicali | 2012-04-15 06:19 | 旅 Trip  

春の宵 Spring night

昨日私たちは、夕方から犬山のお城まで出かけました。
a0250338_21365849.jpg

夕方までいいお天気で、温かく、桜は満開・・・
お祭りの日と違って、観光客も少なく、とても静かでした。
a0250338_2140382.jpg

a0250338_21414963.jpg

しばらくお散歩をしてから、お城近くの小さなレストランに入りました。
a0250338_21445439.jpg

ここは、私たちのおなじみのお店、「プチ・ヴェルドー」(Bistro le Petit Verdot)
おいしくて、そんなに高くなくて、お気に入りのお店なのです。
たくさんあるメニューからアラカルトでお願いして、取り分けていただきました。
最初は、「ホタテのテリーヌと季節のお野菜」
a0250338_21523590.jpg

次は、私たちが、いつも頼む、「かリかりベーコンのシーザースサラダ」。これは、本当においしくて大好き。
お野菜がいっぱい食べられます。
a0250338_21593484.jpg

次は、エビのラグーソースのパスタ。これもすごくおいしい・・・
a0250338_2213875.jpg

メインは、チキンのカリカリ焼き。チキンの皮の香ばしいこと・・・
a0250338_2243068.jpg

デザートは、プディング。生クリームが入っていてすごくなめらかでこくがありました。
a0250338_227364.jpg

ゆっくり2時間もかけてお食事をいただいたので、お店を出たときは、8時すぎ。
お城まで歩いて戻りました。
a0250338_22131130.jpg

お城はライトアップされて、桜とともに、夜空に幻想的に浮かび上がっていました。
写真がうまく撮れなかったので残念です。
夢のようにきれいでした。
a0250338_2218156.jpg

名鉄犬山ホテルのお庭.ここから望むお城と桜は本当に素晴らしい。
a0250338_22221564.jpg

a0250338_22235290.jpg

もう少しゆっくりしていたかったけど、翌日はヌーンサーヴィスの奏楽があるので、ホテルのロビーでちょっと一息ついてから、うちに帰ってオルガンの練習をしました。
とても素敵な春の宵でした。
[PR]

by fiorimusicali | 2012-04-13 22:32 | 生活 Life  

ピアノマニアとアイアンレディ Pianomania &the Iron Lady

最近映画を2つ見ました。

ひとつは、ピアニストを陰で支える調律師シュテファンの活躍を記録したドキュメンタリー映画「ピアノマニア」です。
You Tubeの映像をクリックしてご覧ください。


私の大好きなピアニスト・アルフレード・ブレンデルも出てくるということだったので、とても楽しみでした。

でも映画はあくまでも調律師に光をあてたもので、実際にブレンデルの演奏はほとんど楽しむことができず、ちょっと残念でした。

中国の天才ピアニスト・ラン・ランのコンサートの様子は、彼がリストの「ハンガリー狂詩曲第6番」を弾いて大ホールの聴衆を熱狂させる様子が映しだされました。

彼は映画「のだめカンタービレ最終楽章」で上野樹里のピアノ演奏の吹き替えをしているそうですね・・・

ピアニストと調律師が、とことん話あいながら理想の音を追及していくさまは、普段客席からは見えないので、興味深かったです。

もうひとつの映画は、メリル・ストリープがイギリスのマーガレット・サッチャー元首相を演じてアカデミー主演女優賞を取った、話題の作品「The Iron Lady」です。


この映画のことは、新聞や雑誌で大いに話題になっているので、さぞかし映画館は満員でしょうと思って行ったのですが、さにあらず、日曜日でにぎわうショッピングセンターの中の映画館でしたが、私たちのほかはほんの数人の観客がいただけでした。
首相の顔のサッチャーさんと、夫を愛する可愛い奥さんの顔のマーガレットを巧みに演じていて面白かったです。

イギリスの映画では昨年観た、「英国王のスピーチ」もとても良かったです。
これは、エリザベス女王の父君のことを、描いた実話で、国王がスピーチをなさるために、大変な努力をされるお話しでした。
イギリスの映画は、国のトップの実話をもとにしたものが多く、面白いです。
この映画もとても楽しめました。


[PR]

by fiorimusicali | 2012-04-11 15:55 | 映画  

鵜沼の森の春 The Spring of Unuma grove

a0250338_1053494.jpg

今年はいつまでも寒い日が続いていましたが、鵜沼の森にもようやく春が訪れました。
今日は、朝からポカポカ陽気。
桜はまだ満開ではありませんが、いつものお散歩道を撮ってきました。
a0250338_10583710.jpg

a0250338_10594860.jpg

a0250338_1111180.jpg

コートなしで、薄いセーターだけ着ていましたが、それでも汗ばむ感じです。
a0250338_14183279.jpg

a0250338_1155376.jpg

a0250338_1171119.jpg

道路には子供会のみなさんが植えてくださったパンジーが・・・
a0250338_1191613.jpg

うちの2階の窓からの景色はこんな感じ・・・
a0250338_11193125.jpg

a0250338_1124745.jpg

庭にも、そろそろお花を植えましょう・・・
a0250338_1115115.jpg

明日はまたお天気が荒れるそうですね。
風よ、桜を散らさないでおくれ・・・
a0250338_11373388.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2012-04-10 11:21 | 生活 Life