<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

京都 その2   kyotoⅡ

セントアグネス教会(St.Agnes Church)でお祈りをしてから、また京都御所のお庭にもどりました。

春のお花を見たかったのと、御所の近くに、この前京都を訪ねた時、新島襄記念館を見つけて、見学させていただき、奥様の八重さまがお弾きになっていたという、リードオルガンを弾かせていただいた想い出があったからです。

御所のお庭には、まだ美しい春のお花が咲いていました。
a0250338_10552075.jpg

a0250338_1047019.jpg

a0250338_10571086.jpg


猫ちゃんもお花のほうへ・・・



a0250338_1134325.jpg


美しいお花を見た後、御所のご門を出て南に向かうと、(Grains de vanille)(グラン・ ヴァニーユ)という素敵なお菓子やさんをみつけました。

少し歩いて疲れたし、ほっと一息つきたかったからです。

a0250338_11113231.jpg


ガレットとハーヴティをいただきました。

ガレットが口の中でさっと溶けて何とも言えずおいしく、ローズのお茶の香りも本当に素敵でした。

a0250338_11182163.jpg


やさしいお店の方とお話しをしてから写真を撮らせていただきました。

a0250338_1126788.jpg


おいしいお茶とお菓子をありがとうございました。
道を教えていただいて、風情のあるお店の並んでいる道を歩きました。
a0250338_11365193.jpg

a0250338_11405132.jpg

a0250338_11425813.jpg

a0250338_11445662.jpg

京都文化博物館を過ぎて、ホテルオークラへ・・・
前京都に来たとき、泊めていただいたホテル、地下鉄の駅からも続いていてとても便利でしたし、落ち着いた雰囲気で、お料理もとてもおいしかったです。
もう、歩いてくたくただったし、ここに泊まっていきたいと思って肇さんに連絡したのですが、適当なお部屋もあいていなかったので、残念…頑張っておうちまで帰ることに・・・

お蕎麦だけいただいて帰りました。

a0250338_11595939.jpg


とってもおいしかったです。ありがとうございました。
短い時間でしたが、古都の風情を味わうことができて楽しい旅でした。
[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-30 12:16 | 旅 Trip | Comments(0)  

京都       Kyoto

a0250338_12573736.jpg


聖歌隊のお友達 夏目明美さんと「春の京都に歌う」というコンサートに出かけました。

a0250338_13112868.jpg


a0250338_13115620.jpg


a0250338_13122794.jpg

 
明美さんとは、教会の聖歌隊で、よく並んで、歌うことが多いです。

彼女が学生時代を過ごした京都…京都府民ホールも明美さんの母校のすぐそばです。

このコンサートは、いろんな声楽家の方が、美しい日本の歌曲を次々に歌ってくださり、本当に楽しいステージでした。

日本の歌曲は、詩も美しく、旋律も雅やかで大好きです。

それぞれの方のお衣装も、日本の着物をドレスに仕立てたものなど、日本的で美しかったです。

コンサートの後、京都御所のお庭を歩きました。

a0250338_13422264.jpg


ここは、前に肇さんと来て、とても素敵だったので、もう一度来たかったところです。

a0250338_13493937.jpg


a0250338_1352098.jpg


a0250338_13543563.jpg


a0250338_1358486.jpg


御所を出て少し歩くと、聖アグネス教会という美しい教会がありました。

a0250338_1423866.jpg


a0250338_1452766.jpg


a0250338_1481540.jpg


a0250338_1494121.jpg


a0250338_14162996.jpg


a0250338_14272383.jpg


a0250338_14282560.jpg


夕暮れ時の教会の中に、バッハのオルガン曲が静かに流れていました。
[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-26 14:03 | コンサートConcert | Comments(0)  

母の家べテル  Mather House Bethel

a0250338_20472378.jpg


神戸松蔭に通学していたとき、よくお世話になった神戸市御影の修道院「母の家べテル」。

今回は、名古屋中央教会のお友達と一緒に、宿泊させていただきました。

静かな修道院でやさしいシスターたちと過ごすひとときは、本当に心が落ち着きます。

ホールには、パイプオルガンが置かれ、とても美しい音が会堂に響きます。

これは、いただいたパンフレットです。


a0250338_2054266.jpg


a0250338_20562785.jpg


a0250338_2057630.jpg


a0250338_20574994.jpg



シスターが朝の食卓を整えてくださいました。

a0250338_21115458.jpg


お話は、その方のことを思ってお誕生日をお祝いすること…そして私たちのためにお祈りしてくださいました。

a0250338_2171285.jpg


a0250338_21513468.jpg


a0250338_2118162.jpg


本当においしい朝食でした。ありがとうございました。(夕食も、もちろんおいしかったです。感謝)


シスターに「べテル」の意味をうかがってみました。
それは、旧約聖書の中の、ヤコブが、夢で、天に続くはしごを見たところの地名です…というお答えでした。

「ああ、あそこ…」と私たちも納得。(創生記28章10^22節)神の家という意味だそうです。

そのあとシスターたちと一緒にルーテル御影教会の礼拝に出席させていただきました。

教会では、、80代90代でもお美しく、聖歌隊で歌っていらっしゃるご婦人たちに、再会することができてとてもうれしかったです。
[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-24 21:36 | 旅 Trip | Comments(0)  

復活の主を覚えて  in the memory of revival our Lord 

a0250338_90548.jpg


先週の土曜日、4月13日に、私の母校、神戸松蔭女子学院大学のチャペルで、鈴木雅明先生のオルガンリサイタルが開かれました。

a0250338_95331.jpg


a0250338_9403391.jpg


プログラムはフランスの作曲家グリニー(Nicolas de Grigny 1672~1703)のミサ曲と、
ドイツの作曲家J・S バッハの十字架と復活にまつわるコラール曲と、トッカータ、アダージオとフーガCdurでした。

a0250338_1001246.jpg


a0250338_1012130.jpg


a0250338_102542.jpg


先生のお話は、このチャペルが建てられた時に、音響設計のために、壁面に砂が入れられたことや、バッハとグリニーとの関係、バッハがグリニーの曲集を高く評価して筆者譜を作成していたことなどでした。

私はまだグリニーの曲を、ほとんど弾いたことがないのですが、フランス、バロック時代のすばらしい作曲家というこのグリニーのミサ曲を、大変興味深く聴きました。

グラン・ジュ  プラン・ジュ というフランス独特の音の混ぜ方、そして、グレゴリオ聖歌の旋律がいつもその中に流れて、何とも言えないミサ曲の美しさに感動しました。

また、バッハのコラールは、ただただ美しく、十字架上のイエス様のことを思って聴きました。

「おお、汚れなき神の子羊」の旋律が今も心に響いています。

トッカータ・アダージオ・フーガ Cdur は、私も大好きな曲なので楽しく聴くことができました。

先生がいつもおっしゃるのは、バッハの曲は、その中にいつも十字架が隠されていること。構成も、音型も、常に十字架を表していることです。

今回は、名古屋中央教会の、オルガンや、聖歌隊のお友達とご一緒に素晴らしい音楽を聴かせていただくことができて本当によかったです。

a0250338_1042596.jpg


a0250338_10485769.jpg


a0250338_10501453.jpg


a0250338_10512283.jpg


a0250338_10533313.jpg


a0250338_10553762.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-22 11:25 | オルガン Organ | Comments(0)  

春の行方    Spring`s whereabouts

a0250338_14304029.jpg


a0250338_14321247.jpg


a0250338_1435383.jpg





       春の行方
                        作詞者  不詳
                        作曲    大橋  みゆき




     どこかに   じっと


     見つめあっている   瞳が  ある

     
     どこかに   どんな   メロディでも


     いやされない   耳が   ある


     どこかにある  どこかにある


     いちばん  聞きたい  ことをも  つぶやかぬ


     くちびるが  ある


a0250338_1454263.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-16 15:00 | 音楽 Music | Comments(0)  

お幸せに・・・♥   Happy  marriage ・・・♥

a0250338_17444965.jpg


先月3月23日に、名古屋中央教会で、素敵な若いカップルの結婚式がありました。

そのお式のオルガン奏楽を頼まれた私は、新郎の練君の小さいころのことを、思い出していました。

教会のみんなと、白馬へ遊びに行った時、練君のおうちの車に乗せていただいて、高原までの車中、しりとりなんかをしながら楽しくすごしたっけ・・・。

美しい花嫁の志穂さんとすっかり立派な青年になった練君の結婚式の前奏には、イギリスの作曲家ヘンリーパーセルの「トランペット・ヴォランタリー」を選びました。




これは、練君がイギリスに留学していらっしゃったことを、覚えてこの曲にしたのです。

私はパイプオルガンでこの曲を、弾いたのですが、びっくりしたことには、花嫁の志穂さんの大学の恩師が、トランペットを持って式に参列していらっしゃり、続いて行われたパーティで、トランペットの演奏をお二人に贈られたのです。

喜びの日に晴れやかなトランペットの音は、ぴったりだと思いました。

a0250338_18161728.jpg


a0250338_1818038.jpg



そして、お二人の入場には、ワーグナーの結婚行進曲を、退場には、メンデルスゾーンの結婚行進曲をパイプオルガンで弾きました。

偶然にもお二人は、私と肇さんが結婚した時と同じく、犬山に新居を持たれるそうです。

どうぞ、いつまでもお幸せにね…♥

a0250338_18192275.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-15 18:41 | オルガン Organ | Comments(0)  

朝のお散歩             path away in the morning

a0250338_12393778.jpg


今朝は、とてもいい天気。少し早く目が覚めたので、お散歩にでかけました。

a0250338_12415677.jpg


朝の陽を浴びてスミレたちも元気です。


a0250338_1245154.jpg





a0250338_12473972.jpg




a0250338_1250115.jpg



a0250338_11272110.jpg



お池のそばでは、ラジオ体操していらっしゃる方、白いきれいなパウエルさんというワンちゃんをつれた女の方に出会いました。

とっても短い時間でしたけど、朝の風が心地よかったです。


a0250338_11291615.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-11 13:06 | 生活 Life | Comments(0)  

鵜沼の森の4月    The April in the Unuma grove

a0250338_13194630.jpg


今日は4月の10日…朝晩は、やっぱり寒くて、ストーヴを付けますが、お昼は暖かくて身体がすっと伸びた気がします。

このあいだお友達とお散歩に行って森の上の方まで登ってみました。


鵜沼の森のてっぺんは、見晴らしもよくて、素敵な公園になっています。


我が家の方向を眺めてみると、こんな感じ・・・

a0250338_13214533.jpg

a0250338_1352054.jpg

a0250338_13235832.jpg


これからは、いろいろなお花も咲いてくるし、楽しみ・・・
ラジオ講座や、大学のマスタークラスも始まるし、楽しみです。
どうぞ、皆さまよろしくお願いいたします。


a0250338_1317491.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-10 14:02 | 生活 Life | Comments(0)  

お恵みのうちに・・・in the beautiful blessing

a0250338_11501741.jpg


先週の月曜日、ヌーンサーヴィスの準備をするために、教会のお友達おふたりが、いらしてくださいました。

上の写真は、お友達が下さった、お花、グリスマスローズと雪柳です。

お庭に咲いていたお花だそうです。

お部屋の中は、優しいいい香り…肇さんは、会社から帰ってきて「なんていい香りなんだろう・・・」

と何度も言っていました。


a0250338_1156538.jpg


その日、犬山の桜も満開ということで、お昼は、犬山の「猫」というレストランでお食事をしました。
サラダ、もパスタも、デザートもとてもおいしかったです。
このレストランのお玄関にも、クリスマスローズが植わっていました。

a0250338_11583257.jpg


河原から眺める犬山城・・・

a0250338_11534397.jpg


流れる川は、木曽川です。


楽しくおしゃべりをしながら、桜並木を歩きました。

うちへ帰ってからは、オルガン奏楽の練習、そしてプログラムノートづくりです。

肇さんは、こんな素敵なプログラムにしてくださいました。
a0250338_12111717.jpg

a0250338_12124396.jpg


a0250338_64225100.jpg

今年のイースターヌーンサーヴィスもお恵みのうちに守られました。
みなさまありがとうございました。
神様に感謝です。
[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-09 13:03 | 音楽 Music | Comments(2)  

鵜沼の森だより  The letter from Unuma Grove





a0250338_15464057.jpg


a0250338_1549185.jpg

a0250338_1610231.jpg

a0250338_1550505.jpg


a0250338_1554106.jpg


a0250338_15552758.jpg



美しい春を迎えて、みなさまいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

鵜沼の森も花々が咲き、小鳥たちが歌い、天国のように美しい時を迎えています。

やさしいお友達が、お声をかけてくださり、素敵なお散歩ができました・・・
[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-02 16:12 | 生活 Life | Comments(4)