<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

素敵なお店 Nice Restaurant

a0250338_21391766.jpg


きのうは、義妹の和代さんからお誘いがあって、妹と3人で、実家の近くの素敵なレストランで、お昼をいただきました。

Restaurant Watanabe 「レストランワタナベ」というお店で、フランスで腕を磨いたシェフは、弟のお店「ポン・レヴェック」」にもしばらくスタッフとしていらっしゃったそうです。

a0250338_21494199.jpg


そのお料理は、目に美しく、デリケートなお味でお口に優しく、とてもおいしかったです。

a0250338_2153921.jpg


キッシュロレーヌ・パリ

a0250338_21542712.jpg


私たちのために特別に用意してくださったゼリーよせ

a0250338_21555480.jpg


スモークサーモンとアンデイーブ・リンゴのサラダ仕立て

a0250338_2157269.jpg


宮崎県産「ゴールドラッシュ」冷製コーンポタージュ

a0250338_2159732.jpg


豚肉のクラッシック・カイエット ソースオニオンシャリキテール

a0250338_2205717.jpg


デザートのアーモンドヌガーグラッセ ハチミツノアングレーズソースフルーツ添え

おいしい飲み物も用意してくださって、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

こんなに手の込んだ美しいお料理なのに、お値段はとてもリーズナブルで驚きました。

誠実で優しそうなそうなシェフのお見送りをいただいて、お姫様気分でお店を後にしました。


レストランワタナベのホームページはこちらです。
http://watanabe-pomme.jp/watanabe/
[PR]

by fiorimusicali | 2016-06-30 22:18 | 生活 Life  

トン・コープマンオルガンリサイタル Ton Koopman Organ Recital

a0250338_2282226.jpg


6月25日の土曜日、豊田市コンサートホールで、トンコープマンさんのオルガンリサイタルがありました。
この写真は、コンサートの後のサイン会で、たまたま、そばにいらっしゃった、高山治久さんが、撮ってくださったものです。
素敵なお写真を撮ってくださった高山さんに、心から感謝申し上げます。

トン・コープマンさんは、私のオルガンの師匠、鈴木雅明先生のそのまた先生です。
世界的なバロック音楽の巨匠で、数々の録音を世に出されていますし、大変有名な方です。

私が、鈴木先生のオルガンの弟子だということを、お話ししたら、「ああそう・・・雅明とは今度一緒にレクチャーをするんだよ・・・」とおっしゃっていました。
いいなあ、そのレクチャーぜひ、聞きに行きたいです。

私の大好きなコープマンさん、この日のプログラムは、ブクステフーデ、スウェーリンク,ダカン、ホミリウス、そして、バッハの「小フーガト短調」や「パッサカリア」、コラールは、「眼覚めよと呼ばわる声す」など、名曲ばかりでした。

何と言っても、もう70歳を超えていらっしゃるのに、その演奏のスピーデイで生き生きとしていることに、驚かされます。
前東京で聞いたときよりも、いっそうスピード感が増している感じでした。
とってもお元気で若々しいコープマンさん、サインを求める人の列はとても長いのに、にこにことどの人にも温かい笑顔を投げかけてくださって、本当に素敵でした。

a0250338_22304312.jpg


a0250338_15151852.jpg


コープマンさん…私が撮った一枚です。
[PR]

by fiorimusicali | 2016-06-28 22:40 | コンサートConcert  

フィルハーモニカ―・ウイーン名古屋第6回演奏会のお知らせ

a0250338_2092299.jpg
a0250338_20101855.jpg


皆さま こんにちは 肇です。
みゆきさんのブログを見てくださってありがとうございます。
今回は、直接PRさせていただきます。

フィルハーモニカー・ウイーン・名古屋
第6回演奏会

リヒャルト・シュトラウス 交響詩 英雄の生涯
同 4つの最後の歌
同 ウイーン・フィルハーモニーのためのファンファーレ

指揮  茂木大輔(NHK交響楽団首席オーボエ奏者)
客演コンサートマスター マテウィアス・ベーグナー
ソプラノ独唱 安藤るり

2016年6月26日(日)
開場 12:45  開演 13:30
東海市芸術劇場大ホール

このオーケストラには、昨年の秋から加わり、私としては2回目の演奏会になります。
「ウイーンフィルの音を出したい」を目的として設立された団体で、
管楽器はウイーン式の楽器を使い、ティンパニもウイーン式です。
日本ではプロのオーケストラも含めてこのような団体はありません。

今回演奏する曲は、後期ロマン派のRシュトラウスの作品を集めました。
「英雄の生涯」は難曲として知られていて、演奏されることが少ないと思います。
たとえば、チェロのパートでは、一小節に、ヘ音記号、ハ音記号、ト音記号が同居していて、
まるでコンチェルトのようです。

難曲ですが、客演指揮者のジョークを交えた指導に支えられ、何とか形になってきました。
お客さまから「ウイーンフィルのようだった」との感想がいただけたら望外の喜びです。

演奏会場は、名古屋市内ではありませんが、名鉄金山駅から特急で10分、
駅前にある昨年できたばかりのホールです。
ご来場をお待ちしています。
[PR]

by fiorimusicali | 2016-06-09 20:55 | コンサートConcert