<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

辻宏記念オルガン友の会  辻紀子先生追悼演奏会

a0250338_11494154.jpg


                      (辻 紀子 先生  Mrs. Toshiko Tsuji)

お優しい辻紀子先生と、辻宏先生のことを、偲んで、私は12月6日に、白川町民会館グロリアホールで行われた追悼演奏会に、出させていただきました。


a0250338_1271161.jpg



                       (辻 宏先生    Mr. Hiroshi Tsuji )


a0250338_1433977.jpg


(辻宏先生のお作りになったパイプオルガン OP.82)


この日、私が弾いた曲は、ベルナルド・パスクイーニ Bernardo Pasquini  のパストラーレPastorale と、ルイージ・ゲラルデスキ Luigi Gherardeschi の テンポ・デイ・マルツイアTempo di Marcia A.D.1850 という曲です。

2曲ともイタリアの作曲家の作品で、パスクイーニのパストラーレは、田園曲とも訳され、小鳥のさえずりや、かっこうの鳴き声が聞こえ、小川のせせらぎ、羊飼いの姿も想い浮かぶ、美しい曲です。

L.ゲラルデスキは、ピストイアの作曲家です。この白い素敵なパイプオルガンでは、小鳥の声、シンバル、太鼓の音も奏でられるられるように、なっているんです。

テンポ・デイ・マルツイア1850は、明るくさわやかな曲で、オルガン友の会のお友達に手伝っていただいて、シンバルと太鼓の音も入れました。

紀子先生は、前に私がこの曲を、イタリアオルガンアカデミーの演奏会で、弾いたときに、とても喜んでくださいました。

お優しくて、暖かく私たちを今も見守ってくださる辻宏先生、紀子先生に感謝して、辻宏記念オルガン友の会のお一人、お一人が、素晴らしい演奏を、お捧げになられました。


a0250338_153369.jpg



a0250338_15505323.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2016-12-27 11:40 | オルガン Organ