トン・コープマンオルガンリサイタル Ton Koopman Organ Recital

a0250338_2282226.jpg


6月25日の土曜日、豊田市コンサートホールで、トンコープマンさんのオルガンリサイタルがありました。
この写真は、コンサートの後のサイン会で、たまたま、そばにいらっしゃった、高山治久さんが、撮ってくださったものです。
素敵なお写真を撮ってくださった高山さんに、心から感謝申し上げます。

トン・コープマンさんは、私のオルガンの師匠、鈴木雅明先生のそのまた先生です。
世界的なバロック音楽の巨匠で、数々の録音を世に出されていますし、大変有名な方です。

私が、鈴木先生のオルガンの弟子だということを、お話ししたら、「ああそう・・・雅明とは今度一緒にレクチャーをするんだよ・・・」とおっしゃっていました。
いいなあ、そのレクチャーぜひ、聞きに行きたいです。

私の大好きなコープマンさん、この日のプログラムは、ブクステフーデ、スウェーリンク,ダカン、ホミリウス、そして、バッハの「小フーガト短調」や「パッサカリア」、コラールは、「眼覚めよと呼ばわる声す」など、名曲ばかりでした。

何と言っても、もう70歳を超えていらっしゃるのに、その演奏のスピーデイで生き生きとしていることに、驚かされます。
前東京で聞いたときよりも、いっそうスピード感が増している感じでした。
とってもお元気で若々しいコープマンさん、サインを求める人の列はとても長いのに、にこにことどの人にも温かい笑顔を投げかけてくださって、本当に素敵でした。

a0250338_22304312.jpg


a0250338_15151852.jpg


コープマンさん…私が撮った一枚です。
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-06-28 22:40 | コンサートConcert | Comments(0)  

フィルハーモニカ―・ウイーン名古屋第6回演奏会のお知らせ

a0250338_2092299.jpg
a0250338_20101855.jpg


皆さま こんにちは 肇です。
みゆきさんのブログを見てくださってありがとうございます。
今回は、直接PRさせていただきます。

フィルハーモニカー・ウイーン・名古屋
第6回演奏会

リヒャルト・シュトラウス 交響詩 英雄の生涯
同 4つの最後の歌
同 ウイーン・フィルハーモニーのためのファンファーレ

指揮  茂木大輔(NHK交響楽団首席オーボエ奏者)
客演コンサートマスター マテウィアス・ベーグナー
ソプラノ独唱 安藤るり

2016年6月26日(日)
開場 12:45  開演 13:30
東海市芸術劇場大ホール

このオーケストラには、昨年の秋から加わり、私としては2回目の演奏会になります。
「ウイーンフィルの音を出したい」を目的として設立された団体で、
管楽器はウイーン式の楽器を使い、ティンパニもウイーン式です。
日本ではプロのオーケストラも含めてこのような団体はありません。

今回演奏する曲は、後期ロマン派のRシュトラウスの作品を集めました。
「英雄の生涯」は難曲として知られていて、演奏されることが少ないと思います。
たとえば、チェロのパートでは、一小節に、ヘ音記号、ハ音記号、ト音記号が同居していて、
まるでコンチェルトのようです。

難曲ですが、客演指揮者のジョークを交えた指導に支えられ、何とか形になってきました。
お客さまから「ウイーンフィルのようだった」との感想がいただけたら望外の喜びです。

演奏会場は、名古屋市内ではありませんが、名鉄金山駅から特急で10分、
駅前にある昨年できたばかりのホールです。
ご来場をお待ちしています。
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-06-09 20:55 | コンサートConcert | Comments(0)  

八事のお庭  My little garden in Yagoto

a0250338_13264930.jpg


八事のおうちのお庭のゼラニウムとつつじが、今年も咲きました。
今、満開です。

a0250338_13303876.jpg


昨年は、外壁塗り替え工事のため、一時お庭が相当傷んでしまい、多年草のゼラニウムも植え替えなくては、なりませんでした。

本当は、もっといろいろ柔らかな色彩の草花を植えたいのですが、八事のおうちは、一週間に一度くらいしか水やりができないので、乾燥に強いお花しか植えられないんです。

a0250338_1336996.jpg


マンションのお庭でとても小さいですが、前の築山には、桜、つつじ、あじさいといろいろな草木が植わっているので、とても楽しいし、鳥たちもやってきて、心が休まります。

a0250338_1340721.jpg


朝ご飯や、ちょっとした軽いお食事など、お庭でいただくのも気もちがいいです。

a0250338_13433181.jpg


美しい五月もはや、もう終わり…そろそろ梅雨に入る頃となりました。
だんだん蒸し暑くなったりしますけれど、皆様もどうぞお体お大切に、素敵な毎日をお過ごしくださいね。
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-05-30 13:51 | 生活 Life | Comments(0)  

豊田オルガン研究会春のコンサート Pipe Organ Concert in Toyota

a0250338_18424843.jpg


豊田オルガン研究会主催のパイプオルガンコンサートが、4月23日(土)13時30分より、豊田市コンサートホールで開かれます。

豊田市オルガン研究会のメンバーがそれぞれ、選りすぐりのオルガンの名曲を弾きます。

私はJ.S.バッハのトリオソナタ第3番を演奏する予定です。

豊田市コンサートホールのブランボーオルガンの素晴らしい音色をお楽しみください。

入場無料です。皆様のお越しを 心よりお待ち申し上げております。

豊田市コンサートホールは、名古屋市地下鉄鶴舞線につながる、名鉄豊田市駅からすぐの豊田参合館8階に、コンサートホール事務局、10階にコンサートホール出入り口がございます。

素晴らしいホールに素晴らしいパイプオルガンが設置されております。ぜひ、一度お出かけくださいませ。



a0250338_19164228.jpg


豊田オルガン研究会 春のコンサートは、無事 行うことができました。

いらしてくださった皆さま  見守ってくださった皆さま 本当にありがとうございました。
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-04-14 19:03 | コンサートConcert | Comments(0)  

鵜沼の森の桜  Cherry blossoms in Unuma grove

a0250338_179396.jpg


肇さんが、朝のお散歩で撮ってきた鵜沼の森の桜のスナップです。

a0250338_17103824.jpg
a0250338_17105936.jpg
a0250338_17114227.jpg
a0250338_17121052.jpg
a0250338_17123153.jpg
a0250338_17163945.jpg
a0250338_17172154.jpg
a0250338_17181240.jpg


美しい桜の季節も一瞬…今は、花も終わり、柔らかな緑の若葉の季節を迎えようとしています。
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-04-13 17:24 | 生活 Life | Comments(0)  

春の八事散歩 Yagoto Walk in spring

a0250338_1158558.jpg


桜の季節になって、八事のお庭にも、桜が咲きました。

妹と義妹が訪ねて来てくれたので、一緒に近所のレストラン「ザ・ナンザンハウス」までおでかけしました。

a0250338_1222876.jpg
a0250338_1224538.jpg


結婚式のパーテイもできる、お庭が広くて、大きなレストランです。
お昼は、お客様でいっぱいでした。
ちょうど入学式の頃なので、可愛いスーツを着た子供さんと、ご家族も、何組かいらっしゃいました。

a0250338_1273937.jpg
a0250338_1275321.jpg
a0250338_12879.jpg




とても雰囲気のいい素敵なレストランでした。

帰り道、隼人池の周りの桜がとてもきれいでした。

a0250338_12135590.jpg
a0250338_12145466.jpg
a0250338_12151822.jpg




a0250338_12215688.jpg


久しぶりに、姉妹で、おしゃべりをして、ゆっくり春の八事をお散歩できて、楽しかったです。
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-04-13 12:27 | 生活 Life | Comments(0)  

ミシェル・ベロフ ピアノリサイタル Michel Beroff Piano Recital

a0250338_20251296.jpg


3月19日(土)の午後、豊田市コンサートホールでミシェル・ベロフさんのピアノリサイタルがありました。

この日のプログラムは、フォーレのノクターン、ドビュッシーの二つのアラベスク、ラヴェルの亡き王女のためのパヴァ―ヌ、水の戯れ、フランクの前奏曲・コラールとフーガそしてメシアンの幼子イエスに注ぐ20のまなざしというもので、私も自分で勉強したことのある曲が多く、楽しみでした。

ミシェル・ベロフさんのピアノは、フランス音楽の持つ、透明感やしゃれた感じももちろんですが、思い切って激しく弾きこむところなど、大変情熱的な演奏でした。

a0250338_20344356.jpg


コンサートが終わった後、サイン会で、実際にお会いすることができました。
思ったよりがっしりと大きな方で、優しい笑顔がとても素敵でした。

帰りに、いつもコンサートの後、食事に立ち寄る、名鉄豊田ホテルの、「桂林」で薬膳料理のコースをいただきました。
こちらも、とてもおいしくて、グッドでした・・・

a0250338_20401581.jpg


a0250338_20402994.jpg
a0250338_20404313.jpg
a0250338_20405360.jpg
a0250338_2041952.jpg
a0250338_20424123.jpg
a0250338_20425555.jpg

[PR]

# by fiorimusicali | 2016-04-01 20:47 | コンサートConcert | Comments(0)  

春爛漫  Spring in full bloom

今日は、イースターヌーンサーヴィスのご奉仕日だったのですが、それが終わってから、ヌーンサーヴィスでご一緒した谷口貴子さんと、肇さんと私の3人で、弟のお店、ポンレヴェックに行って昼食を食べました。

a0250338_19235970.jpg


a0250338_19244524.jpg


私の頼んだのは、いつものように、チキンのコンフィ・・・とってもおいしいんですよ。

a0250338_1926345.jpg


デザートはチョコレートのプデイングとアップルパイ。

a0250338_19272645.jpg
a0250338_19273929.jpg


弟のお店に初めていらしてくださった貴子さんも、おいしいととってもよろこんでくださいました。

a0250338_192937.jpg
a0250338_19294124.jpg


a0250338_19305017.jpg


帰り道、犬山城のほとりで、車を止めてお花見をしました。

a0250338_1932113.jpg
a0250338_19322859.jpg
a0250338_19324821.jpg


犬山城の周りは、桜の木がとてもたくさん植わっていて、今ちょうど、見ごろです。
今日は、平日で人も少なくとても静かないいお花見ができました。

a0250338_193453100.jpg


おうちに帰っても2階の窓を開けると、この景色・・・

a0250338_19362910.jpg


まさに春爛漫…素敵な一日でした。
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-03-31 19:41 | 生活 Life | Comments(0)  

2016 イースターヌーンサーヴィスのお知らせ Easter Noon Service

a0250338_1029627.jpg


名古屋の中心、栄にある、日本基督教団 名古屋中央教会では、2016年3月29日(火)から4月2日(土)までの約1週間、イエス・キリストの復活をお祝いするイースターを喜びつつ、「ヌーンサーヴィス」を開催します。

お昼のひと時、パイプオルガンの音色を通して心休まる時間をお過ごしください。


  イースターヌーンサーヴィス  2016年3月29日(火)~4月2日(土)

                      12時10分~12時45分

                      中央教会礼拝堂

私がオルガンのご奉仕をする3月31日(木)と4月1日(金)のプログラムが出来上がりましたので、ご紹介いたします。
どうぞ、皆様、ご家族、ご友人をお誘いあわせの上、おいでくださいませ。


3月31日(木)プログラム
a0250338_10551779.jpg

a0250338_10554415.jpg


4月1日(金)プログラム
a0250338_1049689.jpg



名古屋中央教会のホームページはこちらです。

http://nagoya-chuou-kyoukai.com/
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-03-24 11:07 | ヌーンサーヴィス  Noon Servi | Comments(0)  

荘村清志さんのギターリサイタル

a0250338_2158411.jpg


今週の日曜日、3月6日の夕べ、八事のおうちの目の前にあるレストラン、ブルゴーニュで、荘村清志さんのギターディナーリサイタルがありました。

ギターの演奏も、お料理も素晴らしく、とても素敵なひとときを過ごすことができました。
a0250338_22131636.jpg
a0250338_2213275.jpg


荘村さんは、ギターをお父様から習われた時のエピソード、(とても厳しいレッスンだったそうです。)や、ナルシソ・イエペス先生に認められて、16歳の時に、単身でスペインに留学された時のお話しなどを交えて、ギターの名曲、タレルガの「アルハンブラの思い出」や、、スペイン民謡の禁じられた遊びのテーマ「愛のロマンス」などを、美しく、繊細で何とも言えないうるんだような音色で、弾いてくださいました。

肇さんは25年前にシンガポールに仕事で出かけた時に、かの地で、荘村さんが、シンガポール交響楽団と共演され、ロドリーゴの「ある貴神のための幻想曲」を演奏されたのを聴いたことがあるそうです。
コンサートの後で、荘村さんにそのことをお話したら、とても喜んでくださいました。

お料理は

a0250338_22413552.jpg
a0250338_22414771.jpg
a0250338_2242368.jpga0250338_22422228.jpga0250338_22423932.jpg

お野菜が新鮮でとてもおいしく、お肉も、パスタもデザートも素晴らしいお味でした。



YOU TUBEで荘村さんの演奏をお聴きください。



荘村清志さんのホームページはこちらです。

target="_blank">http://www.shomurakiyoshi.com/

ブラッセリ―・ブルゴーニュのホームページはこちらです。

http://www.bourgo.jp/
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-03-11 23:06 | 音楽 Music | Comments(0)