楽しい週末  Wonderful Weekend

a0250338_18225954.jpg


皆さま、ごきげんよう! クーです。
今年は、なんだかあったかいね…とみゆきさんとお話ししていたのに、このところ、急に寒くなっちゃって、びっくりぽんです。

それで、アタシは、くまちゃんのかわいい湯たんぽを、おふとんに、いれてもらえるようになったんですよ。
あったかくていいきもち・・・

みゆきさんたちは、アタシがこのくまちゃんとお留守番している間に、とても素敵な週末をすごしたんですって・・・



きのうはね…八事のおうちの目の前にあるレストランで、チーズフォンデュを食べたんですって・・・


a0250338_2172811.jpg
a0250338_21225657.jpg
a0250338_21122480.jpg
a0250338_21161537.jpg


「うわァ・・おいしそうじゃないこと・・・アタシも連れて行ってもらいたかったな・・・









a0250338_21372712.jpg


そしてこっちは、お友達の明美さんの個展のオープニングパーテイですって。


a0250338_18485362.jpg


こちらもすてきなごちそうですね。
みゆきさんは、明美さんのお歌の伴奏と、ピアノのソロで、アタシの大好きなショパンのバラード4番も弾いたんですって!

a0250338_18391187.jpg






明美さんは、プッチーニの「私のお父さん」やマスカーニの「アベマリア」 讃美歌や「アメージング・グレイス」などの名曲をお歌いなったそうです。

こちらが、個展の会場です。

a0250338_1845329.jpg


ホント…素晴らしいですね・・・

みゆきさんも、明美さんみたいにお絵かきすればいいのにね・・・
a0250338_2148199.jpg

a0250338_18455854.jpg
a0250338_18462133.jpg


すってきな、土ようびと日ようび・・・ほんと・・・うらやましいアタシです。
寒い日が続きますけど、みなさまも、どうぞ、暖かくして楽しい毎日をお過ごしくださいね!
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-01-31 18:58 | ピアノ Piano | Comments(0)  

Bonne Annèe 2016

a0250338_2153116.jpg


みなさまごきげんよう!お正月ももう7日となってしまいました。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

年末に行った、鵜沼の森のホームコンサートは、とても楽しく充実したプログラムでした。

  最初に 貴之君のお母さまがお琴で「新娘道成寺」を演奏してくださいました。
朗々としたお唄とともに、奏でられるお琴の響きは、私たちをいにしえの日本へとタイムスリップさせてくれました。
故宮城道雄氏のお妹さんのお弟子さんという貴之君のお母さまは、素晴らしいお琴の名手です。
普段なかなか聴くことのできないお琴を間近で聴かせていただけて感激しました。

次は、肇さんのチェロ、伴奏は私です。
ラフマニノフの「ヴォカリーズ」、ドヴォルザークの「わが母の教えたまいし歌」そしてエルガ―の「愛のあいさつ」の3曲です。
どの曲も素晴らしい名曲でした。肇さんとデユエットするのは、久しぶりなので、うれしかったです。

そして、音楽を愛する青年、貴之君のピアノです。
最近チェンバロに夢中になっている貴之君は、J.S.バッハの平均律クラヴィ―ア曲集やシンフォニアから数曲、そして、フランソワ・クープランの「神秘的なバリケード」、やジャイルズ・ファーナビーの「スパニョレッタ」など、古楽曲を典雅に,また、フランシス・プーランク(1899~1963)の3つの無窮動から第1番(1918年作曲)を近代的な感覚で弾いてくださいました。

次は、アカデミア・サンタ・チェチリアでずっとピアノを勉強している遥さんです。

クロード・ドビュッシー(1862~1918)の「ベルガマスク組曲」(1890年作曲)より「プレリュード」
そして、私と連弾で、J.S.バッハの「羊は安らかに草を食まん」と、「主よ人の望みの喜びよ」
をとっても生き生きと弾いてくださいました。

最後は私、オルガンで、J.S.バッハの「目覚めよと呼ばわる声す」と「なんと喜ばしいこの日よ」
そしてピアノで、ショパンの「バラード第4番」を弾きました。

コンサートの後で、みんなでシュト―レンやクリスマスのお菓子とハーブテイでテイタイム。
最後にリードオルガンを囲んで、クリスマスの讃美歌を歌って楽しいコンサートはおひらきに・・・

普段それぞれ、お仕事にお忙しい皆さんが、この日のために素敵な曲を用意してくださって本当にありがとうございました。
また、このような、ホームコンサートができるといいなあと思っています。
今年もより良い音楽を目指してがんばりましょう。

いつもブログをご覧くださっている皆さま、ありがとうございます。今年も皆様にとって素晴らしいお年になりますように、心よりお祈りしています。
[PR]

# by fiorimusicali | 2016-01-07 21:56 | Comments(4)  

クリスマスホームコンサートのお知らせ Christmas Home Concert in Unuma Grove

a0250338_9324320.jpg


Merry Christmas!

クリスマスおめでとうございます。

イエス様の聖名を讃え平和と皆さまのお幸せを心よりお祈りいたします。

さて、きょう12月26日土曜日 2時半より、クリスマスのお祝いを兼ねてささやかなホームコンサートを計画しています。

場所は、鵜沼の森の我が家です。(〒509-0114  各務原市緑苑 中3丁目2-30)

ピアノのソロやデュエット、チェロやオルガン、お琴の演奏もあります。

このブログをご覧になっていらっしゃる方で、お聴きになりたい方、また、コンサートに加わってくださる方がいらっしゃいましたら、どうぞ、お気軽にお声をかけてください。

Tel 058-370-6531

(コンサート中のお電話はご遠慮くださいませ)

みなさまのお越しをお待ちしております。


a0250338_10172789.jpg

[PR]

# by fiorimusicali | 2015-12-26 07:40 | コンサートConcert | Comments(3)  

ヌーンサーヴィスのおしらせ 続報

みなさまごきげんいかがですか?

名古屋中央教会では、明日がアドヴェントのヌーンサーヴィスの最終日です。

プログラムができましたので、どうぞごらんくださいね。

私もご奉仕させていただきます。

a0250338_20591221.jpg



寒い時ですが、暖かい心でお待ちしています。
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-12-18 21:04 | ヌーンサーヴィス  Noon Servi | Comments(0)  

2015 アドヴェント ヌーンサーヴィス Advent Noon Service

a0250338_9514779.jpg


皆さまごきげんいかがですか?

名古屋中央教会では、今日から、アドヴェントのヌーンサーヴィスが始まります。

教会のちらしも載せますので、どうぞご覧になってくださいね。

a0250338_9585682.jpg
a0250338_101427.jpg


名古屋中央教会のホームページはこちらです。

http://nagoya-chuou-kyoukai.com/

[PR]

# by fiorimusicali | 2015-12-08 10:05 | ヌーンサーヴィス  Noon Servi | Comments(0)  

音楽を愛する皆様へ For the Music friends 

a0250338_215583.jpg


肇さんたちの演奏会は、とても素敵でした。
いらしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

今日からは、もう12月、クリスマスを迎える大切な時となりました。
私たちも、二人で、チェロとピアノのデュエットの練習をしたり、クリスマスの物語(デイケンズ・「クリスマスキャロル」)を読んだりして、その時を待っています。

素敵なコンサートのおしらせを、もうひとつさせてくださいね!

a0250338_16573213.jpg



a0250338_16574614.jpg


皆さま聴きにいってあげてくださいね♪♫♫
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-12-01 17:14 | コンサートConcert | Comments(0)  

芸術の秋 その3 

a0250338_215583.jpg


コンサートのお知らせです。

みなさま、いらしてください
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-11-13 22:06 | コンサートConcert | Comments(0)  

芸術の秋です。(その2) Autumn is the season for arts

a0250338_10564151.jpg
a0250338_10571310.jpg


10月22日(木)の夕べ、岐阜市のサラマンカホールで、鈴木優人さんの、チェンバロ、オルガンコンサートがありました。

優人さんは、私のオルガンの教授、鈴木雅明先生のご子息です。

コンサートの前に、「モーツアルトのひみつ」というプレトークがあり、音楽評論家の奥田佳道さんと、優人さんの、楽しい対話がありました。

モーツアルトが、死の床で書いたと言われる「レクイエム」…ついに、完結の日を迎えることなく天国に旅立ったモーツアルトに代わって、優人さんは、なんと、その未完の部分の補筆をなさったのですから、びっくりです!

この日は、辻宏先生のお造りになった、サラマンカホールの素晴らしいオルガンで、オルガンの名曲中の名曲、バッハの有名な「トッカータとフーガニ短調」や、「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」、そしてサラマンカホールのオルガンの特徴である、スペイン様式の水平トランペット管を駆使して、コレアデ・アラウホの「テイエント」などをお弾きになりました。

だれもが知っているあの有名なバッハの「トッカータとフーガニ短調」ですが、優人さんのは、スマートで胸のすくような爽快な演奏でとても素敵でした。

チェンバロでは、これも有名なモーツアルトの「トルコ行進曲付き」のソナタK.331や、バッハの「イタリア協奏曲」をお弾きになりました。

オルガンやピアノに比べると、本当に、音が小さくて、繊細な楽器チェンバロですが、その優雅さは、何にもかえられないものが、あります。

優人さんは、モーツアルトの「トルコ行進曲付き」のソナタを、チェンバロで弾いたっていうことは、僕と皆さんとの秘密にしてくださいなんて、おっしゃってましたが、ごめんなさい・・・
とっても優雅で、愛らしいモーツアルトでした!
a0250338_11414946.jpg


来月11月22日(日)には、鈴木雅明先生とバッハコレギウムのオール・モーツアルトプログラムの演奏会が同じくサラマンカホールで予定されています。
優人さんと雅明先生は、音楽時計のための作品をオルガンで連弾なさるそうで、今からとても楽しみです。

「交響曲第40番ト短調」も、なんと言っても、モーツァルトの名作、大好きな曲です。

雅明先生、優人さん、バッハコレギウムジャパンの皆様、岐阜へようこそ!楽しみにお待ちしています。
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-10-27 11:46 | 音楽 Music | Comments(0)  

芸術の秋です。(その1) Autumn is the season for arts

a0250338_21135989.jpg


さわやかな秋晴れの日が続いて、実りの秋、芸術の秋を楽しむのに、ふさわしいこの頃ですね。

このところ、食べ物の話題が多くて、食欲の秋の話題ばっかりでしたが、素敵な芸術の秋ももちろん楽しんでいます。

昨日は、初めてバレエの舞台を生で鑑賞してきました。

前にもお話ししましたが、私は、月に2度だけですけれど、大人のバレエ教室に通っています。

もう2年になるのですが、素敵な音楽に合わせて、体を柔らかく動かすバレエはとっても楽しくて、まだ上手には踊れませんが、音楽の勉強や語学の勉強ばかりしている私にとっては、とてもいい気分転換になっています。

昨日は、そんなバレエ教室の先生が出演・振り付けなどをなさるバレエの公演を観にいってきました。

a0250338_21324221.jpg


写真左が佐藤瑠衣先生、右が佐藤奈緒先生、美人姉妹です。

美しい音楽に、合わせて、ダイナミックに、また優美に踊るバレリーナたち・・・それを支える王子様のような男性バレーダンサーたち・・・
テレビでは、何度も観たことがありますが、やっぱり実際の舞台を見る感動は格別でした。

先生たちのようなプロのダンサーだけでなく、かわいらしい子供さんたちのステージや、少し年配の方たちのステージもあり、そのどれもが、とても目に美しく楽しかったです。

公演中は、写真を撮ることができなかったので、残念です。

a0250338_2146452.jpg


オペラ座の怪人や、グラズノフの四季など、3時間以上の公演でしたが、ひとときも飽きることなく、目と耳は舞台にくぎ付けでした。

瑠衣先生、奈緒先生、素敵なひとときを、ありがとうございました。
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-10-26 22:10 | 音楽 Music | Comments(0)  

日月 Chinese Restaurant Hitsuki

a0250338_21315197.jpg


クーちゃんも、言う通り、「食欲の秋」となりました。
彼女に内緒で先日私たちが、おいしいものを食べに行ったところは、各務原の蘇原というところにある、小さな中華レストラン「日月」というお店です。

ここは、小さいけれど、とっても評判がよくて、いつ電話しても、「すみません、予約でいっぱいです」と言われてしまうので、なかなか食べに行くことができません。

この間は、水曜日、犬山の城下町を歩いた日の晩だったので、何とか予約がとれました。

a0250338_21404591.jpg


厨房の前に黒板が掲げてあって、それを見ながらオーダーすると、シェフが(中華の時は、なんていうのかな?)、ささっと中華鍋をふって、お料理を作ってくれます。

何しろ、テーブル席も3つか4つくらいしかありません。
シェフが一人、マダムがお給仕、それで賄えるだけのお店になっています。

いつも最初に頼むのは、中華の定番餃子。

a0250338_214899.jpg


皮がもちもちで、中身はジューシ・・餃子はこうでないとネ・・

a0250338_21502911.jpg


つぎは、海老とお野菜の炒めもの。写真がぼけました・・・すみません。
海老がぷりぷりです!

a0250338_21534385.jpg


油淋鶏…皮がぱりぱりで、ものすごくおいしかった!
ネギソースにピーナッツが入っていて香ばしかった…これは、大好きになったので、写真を特別2枚載せちゃいます。
a0250338_21575475.jpg


a0250338_2204755.jpg


いかとお野菜の炒めもの。肇さんはこれがお気に入り。(写真、またぼけちゃって残念)

a0250338_2223642.jpg


みんな大好き、五目やきそば。

a0250338_2233714.jpg


デザートは、パイナップルとココナッツのシャーベット・・・おいしかった!写真またもや残念・・・

今回は本当に久しぶりに伺ったのですが、やっぱりおいしかったね、と満足して帰ってきました。
素敵なお店が各務原にあってよかった。
クーちゃんに叱られても、また行きたいです。
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-10-08 22:12 | 生活 Life | Comments(0)