明治村  Meijimura

a0250338_15395637.jpg


連休の一日、久しぶりに犬山の明治村に行ってきました。
鵜沼と犬山は隣町なので、うちからは近くて、車で20分くらいです。
犬山に住んでいた新婚時代には、自転車で訪ねていったこともあります。(もっとも、当時住んでいたマンションの前には、明治村行のバスの停留所もあったのですが・・・)

シルバーウイークということで、今回は、今まで訪れた中でも、一番の人出でちょっとびっくりしました。

a0250338_15454597.jpg


駐車場の関係で、北口から入るとすぐに、帝国ホテルが見えました。
フランク・ロイド・ライト氏設計の有名な建物です。

a0250338_15490100.jpg


11時ごろでしたが、人が多いので、今のうちに、お昼を食べておこうということになり、ホテルの喫茶室にはいりました。

a0250338_15512588.jpg


お給仕のお嬢さんたちは、みんな可愛い和服にエプロン姿です。

a0250338_15523716.jpg


おいしそうなカツサンドが来ました。

思ったより、さっぱりして食べやすかったです。

a0250338_15544692.jpg

a0250338_1555229.jpg


私たちにとっては、身近な明治村ですが、案外まだ行ったことがない・・と言う方も多いです。
明治村は、犬山の山林を切り開いた広大な敷地に、日本全国から、明治時代の由緒ある建築物を移築した建物の博物館です。

明治時代の美しい建物の中には、その当時の家具などが置かれ、帝国ホテルのように、実際に食事ができるところもあって、とても楽しいお散歩ができます。
また、市電や蒸気機関車やバスも村内を走っていて広い敷地内を移動するのに、利用できます。

テレビや、映画の明治時代を再現するときには、もってこいの場所なので、よく、ロケも行われます。
つい最近でも、「花子とアン」を見ていたとき、よく明治村が使われているのがわかりました。

ノスタルジックな廊下

a0250338_16282725.jpg


ガス灯
a0250338_16323068.jpg


教会(ザビエル天主堂)

a0250338_16294460.jpg

a0250338_16295951.jpg


a0250338_1634671.jpg


a0250338_1635664.jpg


入鹿池
a0250338_16351951.jpg

東山梨郡役所
a0250338_16395465.jpg

明治時代の医院の中(清水医院)
a0250338_16404780.jpg

医院のお座敷で、出会った可愛いはかま姿のお嬢さんたち。
a0250338_16441760.jpg


今回明治村に来てみて今までと変わったと思ったことは、建物の中にある貴重な家具に、座ったりできるようになったことです。
三重県庁舎や西郷従道邸など、素晴らしい家具が置いてあったのですが、すべて、それらに、座って一休みしたり、美しい生地をなでてみたりできたのは、とてもよかったです。

今回カメラの充電が切れてしまい、西郷従道邸の写真を撮ることができなかったのですが、それはそれは美しい家具で、お屋敷の中も素敵でした。

三重県庁舎
a0250338_1653342.jpg

a0250338_16542347.jpg
a0250338_16543836.jpg
a0250338_16545935.jpg
a0250338_16551469.jpg


まだまだ素敵な建物がいっぱいで楽しい明治村…今度はもっといい写真を撮りたいです。
まだいらっしゃったことのない方には、ぜひ、名古屋までいらっしゃったら、明治村まで足を延ばされることを、おすすめします。

今回は、夕方、大井牛肉店で、牛鍋をいただいて帰りました。
明治の味、牛鍋は、私たちがいつも食べているすき焼きとあまり変わりはなかったけれど、炭火を囲んで、いただく牛肉は、とても柔らかくて美味でした。

楽しい明治村、また行きたいです。
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-09-29 17:04 | 旅 Trip  

ボーイソプラノ  BOYCHOIR

a0250338_8512630.jpg


美しい音楽にあふれた、素敵な映画を観てきました。
邦題は「ボーイソプラノ」、原題は、「BOYCHOIR].アメリカ映画です。
アメリカ少年合唱団がモデルになっているこの物語は、合唱団のコーラスや練習風景をたくさん観ることができます。
コーラスの指導者はダステイン・ホフマンが演じますが、ピアノを弾く場面もあって、とても素敵な演奏です。
彼は、若いころジャズピアニストを目指したこともあったそうで、ピアノが上手なのですね。

主役の少年ステッドをギヤレット・ウェアリングという少年が演じていますが、その演技もさることながら、歌声の美しさに感動します。

映画なので、吹き替えをしているのでは、と思ったのですが、ほとんど、自分で歌っているようで、最後の特別高い音などは、声変わりが始まってしまって出なかったので、そこは吹き替えだということでした。

音楽だけでなく、ストーリ―性もあって、飽きさせることなく、エンデイングまで1時間43分があっという間に感じられました。
おすすめの映画です。


[PR]

# by fiorimusicali | 2015-09-23 09:24 | 映画  

八事散歩Ⅺ  Yagoto Walk Ⅺ

a0250338_13232129.jpg


八事散歩も11回目。またまた、素敵なお店にお邪魔しました。

八事の我が家から、雲雀ケ岡を通って、南山の交差点のところにある「ラ・メゾン・ヒトトキ」という和フレンチのお店です。
うちからは、ゆっくり歩いて15分くらい、ちょうどいいお散歩コースです。

お店の案内では、地下鉄いりなかの駅から10分ということです。八事といりなかの間にあるので、八事の駅からも15分くらいだと思います。

お箸でいただく和フレンチということでしたので、少しお年寄り向きかしらなどと話していたのですが、上品でとても素敵なお店で、本当においしく、満足して帰ってきました。

メニューをご紹介しますね。

a0250338_13374539.jpg


チーズが苦手な肇さんのために、お店の方が2番目のメニューを少し変えてくださいました。
左が私、右が肇さんのメニューです。

a0250338_1342696.jpg

a0250338_140125.jpg

a0250338_13422927.jpg
a0250338_13424868.jpg
a0250338_1343345.jpg
a0250338_13432156.jpg
a0250338_13433714.jpg


どれもとてもおいしかったのですが、2番目のロワイヤルというお料理、は、洋風の茶わん蒸しでしたし、
フィレステーキは、ポン酢と大根おろしでいただく、とてもやわらかくてさっぱりとしたステーキでした。

ご飯とお味噌汁に添えられた、肉みそが、とてもおいしくて、お料理の最後をうまくまとめていました。
こうやってフレンチの最後にご飯とお味噌汁をいただくのは、とってもアト・ホームな感じで落ち着くし、本当にいいものだなあと思いました。

このお店は以前は名古屋駅のホテルに入っていたそうですが、お給仕のスタッフもたくさんいらっしゃってとてもサーヴィスもいきとどいていました。

お箸でいただく、和フレンチ・・・初めてでしたが、とても気に入りました。

a0250338_1422510.jpg
a0250338_1424493.jpg

a0250338_1463718.jpg

帰り道。暗くなった雲雀ヶ岡界隈を歩きました。

a0250338_1483037.jpg
a0250338_1492731.jpg

[PR]

# by fiorimusicali | 2015-09-19 14:14 | 生活 Life  

八事散歩Ⅹ   Yagoto Walk Ⅹ

a0250338_1016013.jpg


お友達に八事のことを「歩いて行けるところに、おいしいお店がたくさんある」と話すと、たいてい「八事ってそういうところだもの…」と言われます。
そうか・・知らなかったのは私だけみたい。

というわけで、我が家の近くのおいしいお店をご紹介します。

上の写真のお店は、アジアン料理のお店「Mananaマナナ」

ここは、とってもおいしくて、お値段はリーズナブル ちょっと珍しいメニューもあって楽しいお店です。
地下鉄八事駅からは、歩いて5分ぐらいのところにあります。

a0250338_10243580.jpg


この間私たちがいただいたものは・・・

a0250338_10263948.jpg


カニクリームコロッケ。

a0250338_1027359.jpg


ぷりぷり海老マヨ。

a0250338_10283347.jpg


揚げなすとツナのサラダ。

a0250338_10292956.jpg


鶏肉のおだしの稲庭うどん。

a0250338_10303511.jpg


デザートのパンナコッタです。

この日は、あまりエスニックなアジアンメニューを頼みませんでしたが、生春巻きやトムヤムクン、ソフトシェルクラブ(柔らかいかに)のから揚げなど、アジアンメニューもたくさんあってどれもおいしいです。

どんなお料理も一皿800円くらいなので、いろいろ頼んでシェアすると楽しいです。

うちからは、歩いてすぐなので、お馴染みのお店です。

夜の八事の街を少し歩いてみましょう。

a0250338_10394686.jpg


駅の前にあるパン屋さん「ポン・ヌフ」
ここは、弟のお店「ポン・レヴェック」のスタッフだった方が独立して開かれた可愛いお店。

a0250338_104512.jpg
a0250338_10455544.jpg


小さな店内に、丁寧に作られた、美しいパンがいっぱい並んでいます。


a0250338_10481626.jpg


ポン・ヌフの目の前、地下鉄八事駅の上にある「八事イオン」
駅で、いろいろお買いものができるのでとても便利です。

a0250338_10503420.jpg


私の好きなお店、ローラ・アシュレイ。
可愛いお洋服やベッド周りのものなど、素敵なお品が見つかります。

さて、もう一軒素敵なフレンチレストランをご紹介します。

昨年の夏開店した、「Heritage エリタージュ」です。

a0250338_1056495.jpg


このお店は、私たちもつい最近初めて訪ねたお店です。

小さなお店で、シェフとマダムの二人で、切り盛りしていらっしゃるようすでした。

a0250338_105929100.jpg


カジュアルなテーブルセッテイングですが、どんなお料理が出てくるか楽しみです。

a0250338_1112167.jpg


イベリコ豚の生ハムとリエットのオードブル。

a0250338_1132032.jpg


サーモン・アボガド・イチジクなどのサラダ仕立て。

a0250338_1143338.jpg


ジャガイモの、ヴィシソワーズ。とっても濃厚でびっくり。

a0250338_1164752.jpg


パンは温めたものをひとつづつ持ってきてくださいました。

a0250338_11112049.jpg


お魚は、スズキのポアレ。

a0250338_11122310.jpg


お肉は、豚肉とゴボウなどのお野菜のグリル。

a0250338_11133154.jpg


青紫蘇のシャーベット…初めてのお味でした。お口のなかがすっきり。

a0250338_11145757.jpg


デザートは肇さんがクリームブリュレ。

a0250338_11154418.jpg


私は桃のデザート。

a0250338_11321591.jpg


食後のお紅茶も香り高くておいしかったです。


私たちの頼んだのは、5000円のディナーコースでしたが、お魚もお肉も出てお腹いっぱい、とてもおいしくいただきました。

このお店は、八事フランテのすぐ向かいにあって、やっぱり駅からは歩いて5分ぐらいのところです。
とても人気があるようで、なかなか予約が取りにくそうでした。

新しく素敵なお店ができて、また楽しみになりました。
八事散歩も10回目になりました。また楽しい所おいしいところを見つけて書きますね。
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-09-09 11:33 | 生活 Life  

名古屋骨董祭 Nagoya Antique Festival

a0250338_8483834.jpg


先週の土曜日、名古屋の吹上ホールで開かれた、名古屋骨董祭に行ってきました。

吹上は、八事に行くとき、いつも通るところで、八事のうちからも遠くありません。

地下鉄の吹上駅を出て、最初に向かったのは、お蕎麦屋さん…まずは腹ごしらえです。

a0250338_8535912.jpg


「蕎麦つづら」というお店で、いつも車の窓から見て、一度は行ってみたいと思っていました。

天ぷらおろしせいろを注文。

a0250338_8563780.jpg


ちょっとつゆが、辛目でしたがとてもおいしくいただきました。

デザートのジュレもおいしかったです。

a0250338_8584496.jpg


これは150円でとてもお値打ちでした。

お腹も満たされてさて、会場へ急ぎましょう。

a0250338_902537.jpg

a0250338_904814.jpg


広い会場に、古い着物や掛け軸、食器などを扱う、和の骨董屋さんと、西洋骨董のアンテイークアクセサリーやカトラリーや食器などを置いているお店が所せましと並んでいます。

端から順番にお店を覗いていきました。
お店も様々で、ほとんどガラクタみたいなものを並べているお店もあれば、ひと目で、高級品とわかる、昔のお金持ちのうちで使われていたと思われる金蒔絵の漆器などを並べているお店もあります。

私の見つけたのはこれ・・・

a0250338_914497.jpg


100年ほど前のイギリス、ヴィクトリアンのお皿ということです。
2枚セットで買いました。
うちへ帰ってから、肇さんが調べたところ、これは、古いウェッジウッドの製品だそうです。

ほかには、昔のファッションイラスト画と絵本のイラスト画です。

a0250338_920333.jpg

a0250338_9202573.jpg
a0250338_9204815.jpg


これらは、何かふさわしい額に入れて、お部屋に飾るつもりです。

骨董祭を見た後、すぐ近くにあるいつもお馴染みの吹上アンテイークマーケットにも立ち寄りました。

ここは、いつ来ても楽しいところです。
お店の中は写真禁止なのでちょっとご紹介できないのが残念です。
屋上には、カフェもあります。

ちょっと歩き疲れたのでお茶にしました。
a0250338_927356.jpg


a0250338_9275090.jpg


アフタヌーンテイセットには、アイスクリームやスコーンもついてきてとてもおいしかったです。
吹上ホールの骨董祭は、年配の方がたくさんいらっしゃいましたが、アンティークマーケットの方は、若い人が多かったです。
いろいろ古い珍しいものを見て楽しい土曜日でした。

a0250338_950395.jpg
 
(ヴィクトリアンのお皿、さっそく食卓で使っています。)
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-09-08 09:53 | 生活 Life  

2015白川イタリアオルガン音楽アカデミー Shirakawa Italia Organ Music Academy

a0250338_2254342.jpg


この夏、第31回を迎えた白川イタリアオルガン音楽アカデミーに参加しました。
毎年のように、たくさんの課題曲を準備してこのアカデミーで勉強しています。

上の写真は、日曜日、白川の蘇原教会でのミサの後、参加したみんなで撮った写真です。

a0250338_230144.jpg
a0250338_2301436.jpg


このミサのために、アカデミーの前半は、ミサ曲をいろいろ勉強して備えました。

a0250338_232079.jpg


蘇原教会の小さなパイプオルガンをお弾きになるピネスキー教授です。

a0250338_2334166.jpg
a0250338_2335172.jpg


美しい白川町の景色。

a0250338_236146.jpg


会場となった、白川町町民会館グロリアホールのオルガン。

a0250338_2392535.jpg


開講式。ピストイアホールのオルガンの前で、白川町の方々、先生たちと講習生一同がそろって記念撮影。

a0250338_2312288.jpg


ピネスキー先生と…一年ぶりの再会です。

今年も、古いイタリアの珍しい作品をたくさん学びました。
日本の音楽大学でも、ひょっとするとイタリアでも、このような作品はなかなか勉強できないと思います。

たくさんのお友達と、楽しく充実した8日間を過ごすことができました。
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-09-07 23:18 | オルガン Organ  

2015 夏のヌーンサーヴィス  Noon Service 2015 Summer

a0250338_814844.jpg


2015年 夏のヌーンサーヴィス

日時   8月25日(火)~29日(土)  お昼12時10分~12時45分

於     名古屋中央教会礼拝堂


今年も、夏のヌーンサーヴィスが行われます。
テーマは「子供と平和」
お祈りと聖書朗読、牧師先生の短いメッセージの後、オルガンの奏楽で静かなひと時を過ごします。

入場無料、どなたでもお気軽にいらしてください。

中央教会のオルガニスト達が日替わりでご奉仕いたします。(今回私は、白川イタリアオルガン音楽アカデミーに参加のため、残念ですが、失礼させていただきます。)

名古屋中央教会は、名古屋栄、地下鉄栄5番出口を出てすぐのとてもご便利な場所にあります。

教会のホームページをごらんくださいませ。
http://nagoya-chuou-kyoukai.com/
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-08-18 08:20 | ヌーンサーヴィス  Noon Servi  

しあわせ色の・・・    Colors make happiness・・・

a0250338_15353233.jpg
a0250338_15363396.jpg


「一番幸せな時はいつ?」という問いに「夜、お布団に入る時」と答える人も多いと思います。

一日の終わり…そっとベッドに横たわる時の幸せ・・・

鵜沼の森のおうちの寝室の壁紙は、うすーいピンク、天井に沿って、薔薇の模様のトリムを貼ってもらいました。
いつも、夜寝るとき、または、朝眼覚めた時この模様を見ると、とっても幸せな気持ちになります。

a0250338_15445919.jpg
a0250338_15461570.jpg


この壁紙は、ペットがひっかかないように特殊加工したもので、無地しかありませんでした。それで、トリム(帯)を貼ってもらったのですが、全体に柄があるより、落ち着きます。

廊下やほかのお部屋は、薄いブルーに葡萄の柄のトリムです。

a0250338_15523716.jpg
a0250338_1553179.jpg
a0250338_15533638.jpg
a0250338_15535745.jpg
a0250338_15551289.jpg


書斎は、白い壁紙に葡萄の柄のトリムです。

a0250338_1557307.jpg


リヴィングの壁紙は、薄いグリーンで、もともと和室用だそうです。
このお部屋は、白い木のまわりふちがついています。

a0250338_162842.jpg


音楽室はブルー、こちらは、木のまわりふちとトリムの両方です。

a0250338_1643998.jpg


a0250338_165586.jpg


アメリカにいるお友達が、「日本は壁紙だけど、アメリカは塗り壁よ」と言っていました。
彼女は、自分でおうちの壁を塗り替えるそうです。

壁紙も器用な方なら自分で貼ったりなさることでしょう。

いろんな模様の美しい、壁紙のカタログを見て、どんなお部屋の雰囲気にするか、考えるのはとても楽しいことです。

うちは、猫のクーちゃんが、あちこちひっかいて破ってしまったので、おととし、ペット対応の壁紙に張り替えてもらいました。

結果は上々で、張り替えてから、クーちゃんは、一度も、爪を立てようとはしなくなりました。

クーちゃんのおかげで、おうちも明るくなったし、幸せ色になりました。
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-08-17 16:20 | 生活 Life  

朝風静かに吹きて  A morning breeze

a0250338_8593693.jpg


日曜日の朝です。
今朝も、鵜沼の森のお散歩に行ってきました。

クリスチャンの私にとっては、聖日の朝です。
お散歩していると、自然に讃美歌の美しい詩が心にうかびます。

a0250338_935487.jpg


あさかぜ しずかにふきて 小鳥もめさむるとき きよけき 朝より きよく うかぶは 神のおもい





a0250338_97882.jpg


おうちに帰ると朝ごはんの用意です。

a0250338_913537.jpg

フルーツサラダをガラスの器に盛ってみました。

a0250338_9204650.jpg

ここの所少し涼しくなって、窓を開けて、気持ちのいい風を感じられるようになりました。
立秋も過ぎて、夏の終わりも近いのですね。

なかなか起きてこない肇さんを、クーちゃんと一緒に起こしに行きます。

「涼しくて気持ちがいいんだよ・・・ムニャムニャ・・・」
「おいしい朝ごはんができてますよ・・・」

a0250338_9192545.jpg


ほらね…早起きは三文の得・・・

今日も素敵な一日になりますように!

a0250338_9244063.jpg


(食卓の椅子…背もたれがハート型です。古いけどとってもすわりごこちがいいです。)
[PR]

# by fiorimusicali | 2015-08-16 09:32 | 生活 Life  

今夜はカレーです・・・  Curry and rice

a0250338_215541.jpg


日本人のだれもが好きだというカレーライス・・・おふくろの味というのでしょうか、私の弟なども、よく母に、「どこで食べるより、うちのカレーがおいしいなあ」と言って、母を喜ばせていましたっけ。

この間、新聞に、漫画家の蛭子能収さんが、エッセイで、「僕は、カレーライスが好きだった。母のカレーが好きだったのだ。よそのおばさんが、カレーが好きなんでしょ・・・と言って作ってくれるカレーはまずくて嫌いだった。」というようなことを書いていらっしゃるのを読みました。

お母さんが、愛情込めて作ってくれたカレー・・・ほんとうにおいしかったですね・・・

私の母は料理に手間暇惜しまない人だったので、夕飯づくりは、いつも、午後3時ころから始めていたように思います。
夕食の時間は普通に7時ごろだったので、本当に、ゆっくりあれこれ作ってくれていたんだなと、なつかしく思います。

私の子供のころは、まだ、冷凍食品やレトルト食品なども少なかったし、母の手作りは、おかずだけでなく、アイスクリームやヨーグルト、パンや、イチゴジュース、梅酒、梅干し・・・などなどあらゆるものがそうでした。

私たちの洋服もすべて手作りだったのですから、お母さん、本当に大変でしたね。と天国の母に向かって手を合わせたくなります。

きっと母は、「それが楽しみだったのよ。忙しいといっても、もう洗濯機も掃除機もあったしね・・・おばあちゃんの時代にくらべれば、ずいぶん楽だったわよ・・・」

と言うかもしれません。

肇さんとクーちゃんと私だけの我が家、ほかのおうちに比べれば、私もずいぶん楽していると思います。

今夜のカレー、肇さんおいしかったですか?
蛭子さんのように、やっぱりお母さんのカレーじゃないと・・・なんてどうか言わないでね。

a0250338_21292120.jpg

[PR]

# by fiorimusicali | 2015-08-15 21:34 | 生活 Life