タグ:旅 ( 26 ) タグの人気記事

 

旅のアルバムから I love Wien

a0250338_16293352.jpg
a0250338_16313065.jpg


大好きなWien.音楽の街。趣あるカフェ…昔をしのばせる馬車・・・

a0250338_16364329.jpg
a0250338_1637474.jpg

a0250338_172473.jpg


a0250338_16383757.jpg
a0250338_1639962.jpg


a0250338_16402636.jpg
a0250338_16441871.jpg


蚤の市で、アンティ―クの小物をさがしたり・・・

a0250338_16515047.jpg
a0250338_16523127.jpg


素敵なもの…いろいろ見つけました。

a0250338_16571057.jpg


王宮のシシィ ミュージアム(皇妃エリザベート博物館)には、素晴らしい食器や銀器がいっぱい!

a0250338_17869.jpg


a0250338_1792682.jpg
a0250338_1795183.jpg
a0250338_17101972.jpg
a0250338_1712322.jpg
a0250338_171425100.jpg


古き良き時代の優雅な文化が、今も息づいている街Wien・・・

a0250338_17183980.jpg


美しい街Wienが私は大好き!

a0250338_1721203.jpg
a0250338_17224075.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2015-01-15 17:27 | 旅 Trip | Comments(0)  

旅のアルバムから WienⅠ

a0250338_17113855.jpg


昨年、ピストイア賞のご褒美で、イタリア旅行に行かせていただきましたが、その帰り、Wienにも、1週間立ち寄りました。
おととしの秋にも、私たちはWienに行きましたので、ちょうど、一年ぶり。
お友達にも再会できて、素敵な毎日を過ごすことができました。
上の写真は、今回滞在したKolin Gasseにあるアパートメントの入り口。
おととしも泊まったElegant Vienna というアパートメントホテルの今回は、Votiv Flatというお部屋に泊まりました。
とても快適だったこのアパートメントのお部屋を少しご紹介しましょう。
まず、奥まったところにあるベッドルーム。

a0250338_18554980.jpg

a0250338_19212917.jpg

真ん中にあるリヴィングルーム。

a0250338_18585755.jpg

a0250338_2051099.jpg

こちらにも、補助ベッドが二つあります。

a0250338_190439.jpg
a0250338_190206.jpg
a0250338_19122929.jpg


キッチン
a0250338_19553422.jpg

a0250338_19325217.jpg


広いバスルーム

a0250338_19341236.jpg

a0250338_19345833.jpg


このバスルームには、ご覧のように、洗濯機もあって、お洗濯ものを干す十分なスペースがあり、助かりました。
でも、肝心のバスの方は、なんということか、私たちの先客の時に、給湯器が故障してしまい、私たちが到着した時には、まだ修理工事が終わってなかったのです。
大家さんのクリスチャンさんが、申し訳なさそうに、修理が済むまで、隣にある彼のお部屋のバスルームを使ってくださいと言います。

そんなわけで、ここに滞在した5日間のうち三日は、お隣のバスルームで「もらい湯」をすることになりました。
でも、とても素敵なお隣のバスルームは快適だったし、クリスチャンさんのご家族とも親しくなれて私たちはとても楽しかったのです。
それでも、彼は、悪いから…と言って、なんと3日分のお家賃を「ただ」にしてくれたのです・・・

そういうわけで、私たちは、この広くて快適なアパートメントに本当に安く泊めていただくことができたのでした。

Votiv Flat(ヴォ―ティフ フラット)という通り、このアパートメントは、Wienの中心街から歩いて15分ぐらい、、ウイーン大学や、ヴォ―ティフ教会のそばにあり、アパートメントの1階には、カフェもあり、とても便利で、しかも静かな場所でした。
本当は、ウイーンにいる一週間全部ここにいたかったのですが、予約が詰まっていて、5日だけ、あとの二日は、すぐそばのホテル ドゥ フランスに引っ越しました。
出来れば、いつか、こんなアパートメントにひと月ぐらいゆっくりしたいです。
a0250338_2071488.jpg
a0250338_20124776.jpg

アパートメントの門扉
a0250338_2013216.jpg

a0250338_10303112.jpg

a0250338_2014736.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2015-01-12 20:25 | 旅 Trip | Comments(0)  

旅のアルバムから From Trip Album

昨年の秋のオーストリア旅行の時に撮った写真は2000枚以上…肇さんは詳しい旅行記を書いているので、またこのブログにリンクできればと思っていますが、私も旅を思い出しながらもう少し写真をご紹介できたらと思っています。

a0250338_2013114.jpg


Wien ではElegant Vienna というアパートメントホテルに泊まりました。
以前、向こうからipad でお部屋の写真を送信しましたが、もう少し、このアパートメントの様子を、ご覧にいれます。
上は、リヴィングにある補助のソファベッド。

a0250338_20172980.jpg


こちらは、寝室にある補助のソファベッド。人数が増えても大丈夫です。

a0250338_20194231.jpg


これは、前にも載せた写真。清潔感のあるマスターベッドルーム。

a0250338_20214064.jpg


書き物をしたデスク。

a0250338_2033127.jpg
a0250338_20335130.jpg

a0250338_20343858.jpg


キッチン・・・何でもそろっていてとても使いやすかったけど、洗濯機は、すごく時間がかかるので大変でした。

a0250338_20374971.jpg


大きな窓のあるリヴィング…向こうには、モーツアルトも住んでいたという建物が見えました。

a0250338_2039087.jpg


a0250338_2042111.jpg


食卓…近くのスーパーマーケット「メルキューレ」においしいものがいっぱい売っていたので、食事の支度も楽でした。

私の大好きだったのは、イチゴの100パーセントジュース。本当においしいので、毎日飲んでいました。

a0250338_20493861.jpg


a0250338_2051757.jpg
a0250338_20521754.jpg


階下にあるパン屋さんGrimm. 焼き立てのパンがとてもおいしかったです。

a0250338_20552360.jpg


歩いてすぐのところにある、シュテファン教会。
a0250338_2056571.jpg


a0250338_20573236.jpg


a0250338_2059720.jpg


a0250338_21081.jpg


日曜日のミサの午後の部には、民族衣装を着た人たちの吹奏楽の演奏もありました。

a0250338_213276.jpg

a0250338_213347.jpg

a0250338_214934.jpg


ミサが終わって、みんなが出てきたところ。素敵な民族衣装です。
私たちは、日本ではいつも教会へ行くのに1時間もかかるけれど、ここでは、本当に歩いてすぐに、Wienのシンボルといわれるシュテファン教会のミサに出席できて、とてもよかったです。
楽しかった旅のアルバムは次へ続きます。
[PR]

by fiorimusicali | 2014-02-15 21:15 | 旅 Trip | Comments(4)  

チャイナタウン  China Town

a0250338_201419.jpg


短い、楽しい旅の最後に、南京町を訪れました。
中華街は、長崎と横浜と神戸と、それぞれ行ったことがありますが、どこも活気があって楽しいし、おいしくて感激してしまいます。

名古屋にも港があるけど、チャイナタウンはないので、つまりません。
私も肇さんも中華料理が大好きで名古屋だったら、銀座アスターとか、紅虎餃子房などで食事をすることが多くて、それぞれおいしいけれど・・・やっぱり、中華街の味はどこか違うねと話しています。

a0250338_202639.jpg


小さいけど、お肉がいっぱい入って美味しい老祥記の中華まん・・・お店の前には行列が・・・でもそれほど長くなかったので、お土産に買いました。

a0250338_2033447.jpg


他にも、おいしそうなものがいっぱい並んだお店ばかりで、目移りしてしまいます。

a0250338_2037446.jpg

a0250338_2038121.jpg


カラフルな店先を眺めながら、どこに入ろうか迷いましたが、おかゆが食べたいね・・・ということで、「楽園酒家」に決めました。

a0250338_2051245.jpg


ここには何度か来たことがあります。
小さいお店だけど、とてもおいしいことがわかっているから安心です。
a0250338_2054156.jpg


おかゆは、牛肉のおかゆ、そして、海老のてんぷら(えびせんべいつき)と、ミンチのレタス包みを注文しました。

a0250338_2058594.jpg

a0250338_20581686.jpg


さっきまで、おなかを壊して青い顔をしていた私、おかゆだけ・・・と思っていたのに、どれもおいしくて完食でした。

デザートは、肇さんが定番の杏仁豆腐、私は、仙草ゼリーというのを頼んでみました。

a0250338_219645.jpg


これが仙草ゼリー、薬膳のデザートでお腹にもいいらしい。さっぱりした甘さで、のど越しがよくとてもおいしかったです。

a0250338_21113265.jpg


こちらはおなじみ、杏仁豆腐、シンプルですが、おいしいですよね。

心配だった私のお腹の調子もどうやらよくなって、満足でした。

つくづく神戸は楽しくて素敵な街だな・・・と思います。
大好きな北野の異人館通りには、今回行けませんでしたが、涼しい六甲山でのんびりできて、いろいろおいしいものもいただいたし、オルガンの勉強で遠距離通学をしていた時とは、また違った楽しい旅ができました。

大震災で甚大な被害を受けた神戸も、また蘇って、素晴らしい街並を眺めることができて幸せです。

東北の復興は、阪神の時に比べると、遅い気がしてなりません。
いつか、この神戸のように、東北の街や村もすっかり美しく蘇る時が来ると思います。
その日が一日でも早いようにと、心から祈っています。

a0250338_21412928.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2013-06-20 21:46 | 旅 Trip | Comments(0)  

ローズウォーク  Rose Walk

a0250338_8505622.jpg


a0250338_8522445.jpg


六甲オルゴールミュージアムからバスに乗って、また停留所2つのところ、六甲山カンツリー・ハウスのローズウォークにも行って、素敵な薔薇の小径を歩いてきました。

これは、6月15日(土)から7月31日(水)まで90種類約2000本のバラに出会える散歩道を公開しているというもの。
とても素敵でした。

a0250338_9113717.jpg

a0250338_9122117.jpg

a0250338_9154487.jpg


カンツリー・ハウスは広大で、お池で釣りをしている人やボートをこぐ人、芝生の上でスポーツに興じる人など、皆さん思い思いの休日を楽しんでいらっしゃいました。
薔薇の小径はその広大な敷地の東の一角にあります。
a0250338_9502749.jpg

a0250338_9283088.jpg

a0250338_9295873.jpg

a0250338_9372582.jpg

a0250338_9384761.jpg

a0250338_9403156.jpg


私の住んでいる岐阜にも、素晴らしい薔薇園があり、去年訪れましたが、今年は時期を逃してしまい残念に思っていたところでした。
涼しい六甲山ではこれからが見ごろということで、美しいお花を見せていただいてうれしかったです。


a0250338_101273.jpg

a0250338_102870.jpg

a0250338_1025638.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2013-06-19 10:08 | 旅 Trip | Comments(0)  

六甲オルゴールミュージアム Rokko International Musical Box Museum

a0250338_15391690.jpg


六甲山ホテルからバスで停留所2つ、7・8分のところに六甲山オルゴールミュージアムはあります。
最初ホテルから近いし、お散歩がてら行ってみようねと話していたのですが、道路に歩道がなく車の行き来が案外多くて危なかったのでバスに乗りました。

清里と松島のオルゴール博物館には、行ったことがありますが、ここを訪れるのは初めてです。

a0250338_1548232.jpg


六甲の豊かな自然の中にあるこのミュージアム、美しいお花に彩られた玄関に入るとすぐ、かわいらしいお人形のオルゴールがお出迎えです。

a0250338_15534875.jpg

a0250338_1555196.jpg

a0250338_15554524.jpg


2階の広間には、大型のダンスオルガン「ケンペナー」(1938年 ベルギー製)が正面にあり、その周りにたくさんの、自動ピアノやディスクオルゴールが置かれていました。

a0250338_1685684.jpg


ここでは、オルゴールのコンサートが一日中開かれています。

a0250338_16113735.jpg


可愛らしい衣装のお嬢さんがお話ししたり、映像も交え、実演しながらオルゴールを聞かせてくださいました。

a0250338_16153215.jpg


a0250338_16494430.jpg


a0250338_16215523.jpg


a0250338_16232278.jpg


a0250338_16235313.jpg


小さい展示室も充実していて楽しかったのですが、「シュトラウス・カフェ」にもディスクオルゴールが置かれていて、美しい音色を楽しみながらお食事ができました。
ウイーン風の焼ソーセージやケーキがとてもおいしかったです。
私たちは注文しませんでしたが、ラクレットというジャガイモの上に、チーズの焼いたのをかけるお料理を実演していて、香ばしいにおいが広がっていました。あれも食べたかった…(笑)
a0250338_1628534.jpg

a0250338_16291341.jpg

a0250338_16301760.jpg

a0250338_16305337.jpg


お池の周りをお散歩していると、かわいらしい手廻しオルガンが…
自由にさわることができました。

a0250338_16415975.jpg

a0250338_1644429.jpg

カメラの動画で楽しい曲も撮れたのですが、ここには、うまく出ませんでした。残念

素敵なオルゴールミュージアム…楽しかったです。
ミュージアムショップで買った時計のオルゴール。熊ちゃんたちのお部屋にぴったりでした。
曲は、もちろん「大きな古時計」です。

a0250338_1733578.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2013-06-18 17:04 | 旅 Trip | Comments(0)  

六甲山ホテル Rokkosan Hotel

a0250338_8363664.jpg

a0250338_8384618.jpg


今回のお宿は、神戸松蔭女子学院大学のある六甲の山手を、さらに上って標高780mのところにある、クラシックな「六甲山ホテル」でした。
このところ蒸し暑い日が続いていますが、六甲山中は、ずいぶん涼しくて助かりました。

神戸には本当に何度も来ている私ですが、いつも目的はオルガンの勉強なので、神戸松蔭のチャペルと御影の修道院「べテルの家」のほかは、ほとんどどこにも行っていません。
今回は肇さんといっしょだったので、いつもとは違った所に泊まってのんびりしてきました。

六甲山ホテルにはずいぶん昔泊まったことがあります。神戸もそのころから比べると素敵な新しいホテルがどんどんできて、この古いホテルもちょっと霞んだ存在になってしまいました。

前泊まった時は、旧館のお部屋でしたが、今回は新館のお部屋でした。

a0250338_91155.jpg

a0250338_1045675.jpg


六甲山ホテルといえば夜景が有名ですが、夕食のときは、スカイレストランの窓際の席で、雨が上がって霧がだんだん晴れていき、港に少しずつ明かりがついていく様子を眺めることができて素敵でした。
もちろん、神戸ビーフもおいしかったです。

a0250338_9314031.jpg


a0250338_1062833.jpg

a0250338_9331348.jpg

a0250338_93404.jpg


ホテルのお庭がとても素敵で、小さなチャペルもあり、日曜日にはちゃんと礼拝が行われています。

a0250338_15221766.jpg



a0250338_911761.jpg


a0250338_9124280.jpg


a0250338_9132533.jpg


日曜礼拝は朝10時から、30分間でしたが、松蔭と同じ聖公会の司祭様が司式をなさって、メッセージをくださリ、共に聖歌を歌って心静かな時を過ごすことができました。


a0250338_9241248.jpg


ホテルの菜園もあり、新鮮な採れたてのお野菜をここでまかなっていらっしゃることがわかりました。

a0250338_9421022.jpg

a0250338_9425543.jpg


スタッフの皆さんも親切でしたし、朝食のバイキングも和洋種類が豊富でとてもおいしかったです。
新館といえども、もう十分旧館といった趣だね…と笑いましたが、伝統のあるこのホテル…これからもずっと六甲山で安らぎの場所として続いてほしいと思いました。

a0250338_9472070.jpg

[PR]

by fiorimusicali | 2013-06-18 10:10 | 旅 Trip | Comments(0)  

ビゴさんのお店   Boulangerie Bigot

先週末、神戸に肇さんと行ってきたのですが、芦屋で途中下車して、ビゴさんのお店に寄りました。
ビゴさんは、フランス人のパン職人さん。
レストランも前に一度伺いましたがとてもおいしかったです。
私の弟もポン・レヴェックというパン屋さんとレストランをしているので、ビゴさんは、弟の大先輩といったところでしょうか。

a0250338_1139326.jpg


梅雨になってもほとんど雨が降っていませんでしたが、この日に限ってすごい雨・・・
JR芦屋の駅から歩いて7・8分の道のりですが、足元を気にしながら本店の向いがわにあるというレストランを探しました。
前伺った時と場所が変わっていて、おまけに本当に目立たないビルの2階だったので最初は通りすぎてしまったほどでした。
この写真、窓の向こうが、本店のパン屋さんです。

土曜日のお昼12時半過ぎで、混んでいるかな・・と思い予約しておいたのですが、客席には余裕がありました。
a0250338_11435456.jpg


ランチのコースをお願いしました。

最初にお店ご自慢のパンが出されました。

かみごたえのある香ばしいパンです。

a0250338_114904.jpg


次に合鴨のサラダとキッシュのオードブルが運ばれてきました。

a0250338_11502126.jpg


キッシュも合鴨もレモン風味のサラダもすごくおいしかったです。

a0250338_11522322.jpg


メインディッシュは、サーモンのグリル、
ラタトゥイユの上にサーモンが乗っていて、まわりにクリームソースがたっぷりかかっていました。
これもすごくいいお味…おいしいソースをパンにつけていただきました。

a0250338_12401126.jpg


食後の飲み物と一緒に、今度は、ちいさいレーズンがぎっしり入っているフルーツケーキのようなパンを持ってきてくださいました。
これも残さずいただいて、ごちそうさま!
本当においしいランチでした。これで1500円はとても安いと思いました。

帰りにお向いの本店のパン屋さんに伺いました。

a0250338_1247174.jpg


a0250338_12475782.jpg


思いのほかこじんまりした店内でしたが、おいしそうなパンやお菓子がたくさん並んでいました。

a0250338_1251013.jpg


a0250338_1391213.jpg

旅先なので、パンは残念ですがあきらめて、大好きなフルーツケーキと、私がこの間からよく作っているオランジェットがあったのでそれをお土産に買って帰ることにしました。
オランジェットは自分のとどう違うか楽しみでした。

a0250338_21572074.jpg


一枚230円…お味は? 甘さ控えめで食べやすかったです。自分で作ったものは、もっとオレンジの香り高く味が濃かった気がします。ちょっと自信が持てました。

ビゴさんのお店・・・気どらない、フレンドリーな素敵なお店でした。また行きたいです。
[PR]

by fiorimusicali | 2013-06-17 14:28 | 生活 Life | Comments(0)  

京都 その2   kyotoⅡ

セントアグネス教会(St.Agnes Church)でお祈りをしてから、また京都御所のお庭にもどりました。

春のお花を見たかったのと、御所の近くに、この前京都を訪ねた時、新島襄記念館を見つけて、見学させていただき、奥様の八重さまがお弾きになっていたという、リードオルガンを弾かせていただいた想い出があったからです。

御所のお庭には、まだ美しい春のお花が咲いていました。
a0250338_10552075.jpg

a0250338_1047019.jpg

a0250338_10571086.jpg


猫ちゃんもお花のほうへ・・・



a0250338_1134325.jpg


美しいお花を見た後、御所のご門を出て南に向かうと、(Grains de vanille)(グラン・ ヴァニーユ)という素敵なお菓子やさんをみつけました。

少し歩いて疲れたし、ほっと一息つきたかったからです。

a0250338_11113231.jpg


ガレットとハーヴティをいただきました。

ガレットが口の中でさっと溶けて何とも言えずおいしく、ローズのお茶の香りも本当に素敵でした。

a0250338_11182163.jpg


やさしいお店の方とお話しをしてから写真を撮らせていただきました。

a0250338_1126788.jpg


おいしいお茶とお菓子をありがとうございました。
道を教えていただいて、風情のあるお店の並んでいる道を歩きました。
a0250338_11365193.jpg

a0250338_11405132.jpg

a0250338_11425813.jpg

a0250338_11445662.jpg

京都文化博物館を過ぎて、ホテルオークラへ・・・
前京都に来たとき、泊めていただいたホテル、地下鉄の駅からも続いていてとても便利でしたし、落ち着いた雰囲気で、お料理もとてもおいしかったです。
もう、歩いてくたくただったし、ここに泊まっていきたいと思って肇さんに連絡したのですが、適当なお部屋もあいていなかったので、残念…頑張っておうちまで帰ることに・・・

お蕎麦だけいただいて帰りました。

a0250338_11595939.jpg


とってもおいしかったです。ありがとうございました。
短い時間でしたが、古都の風情を味わうことができて楽しい旅でした。
[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-30 12:16 | 旅 Trip | Comments(0)  

京都       Kyoto

a0250338_12573736.jpg


聖歌隊のお友達 夏目明美さんと「春の京都に歌う」というコンサートに出かけました。

a0250338_13112868.jpg


a0250338_13115620.jpg


a0250338_13122794.jpg

 
明美さんとは、教会の聖歌隊で、よく並んで、歌うことが多いです。

彼女が学生時代を過ごした京都…京都府民ホールも明美さんの母校のすぐそばです。

このコンサートは、いろんな声楽家の方が、美しい日本の歌曲を次々に歌ってくださり、本当に楽しいステージでした。

日本の歌曲は、詩も美しく、旋律も雅やかで大好きです。

それぞれの方のお衣装も、日本の着物をドレスに仕立てたものなど、日本的で美しかったです。

コンサートの後、京都御所のお庭を歩きました。

a0250338_13422264.jpg


ここは、前に肇さんと来て、とても素敵だったので、もう一度来たかったところです。

a0250338_13493937.jpg


a0250338_1352098.jpg


a0250338_13543563.jpg


a0250338_1358486.jpg


御所を出て少し歩くと、聖アグネス教会という美しい教会がありました。

a0250338_1423866.jpg


a0250338_1452766.jpg


a0250338_1481540.jpg


a0250338_1494121.jpg


a0250338_14162996.jpg


a0250338_14272383.jpg


a0250338_14282560.jpg


夕暮れ時の教会の中に、バッハのオルガン曲が静かに流れていました。
[PR]

by fiorimusicali | 2013-04-26 14:03 | コンサートConcert | Comments(0)