明けましておめでとうございます A Happy New Year

a0250338_11393721.jpg


明けましておめでとうございます。皆様、よいお年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
私たち肇、みゆき、クーちゃんも元気に2017年の新春を迎えることができました。

クリスマスからお正月にかけては、楽しいことがたくさんありました。
八事のアパルトマンには名古屋中央教会のキャロリング隊がいらして下さっていっしょにクリスマスキャロルを歌ったり12月24日のクリスマスイヴには、ろうそくをともしてクリスマスの賛美礼拝を守りました。

12月31日の深夜には、カトリック南山教会の深夜ミサに出かけました。
南山教会は、八事のアパルトマンから、歩いて20分、車で5分ぐらいのところにある、とても素敵な教会です。

a0250338_1211850.jpg
a0250338_1213494.jpg

a0250338_12125975.jpg


イエス様のご降誕節の喜びの中にある教会には、美しい、聖家族のお人形(クリッペ)が飾られていました。
a0250338_1219170.jpg

a0250338_1219544.jpg


ミサが終わって真夜中の12時の鐘が鳴ると、新年のご挨拶があり、2017年が、平和な年であるようにと、静かな平和への祈りがささげられました。そのあと、マリア館で、新年をお祝いするパーテイがありました。
国際色豊かなパーテイで、いろんな国の方がいらっしゃって、とても楽しかったです。
教会の方の手作りのお節料理や、お雑煮などいただいて、素晴らしい2017年の幕開けを祝うことができました。

どうぞ、皆様も、この一年素敵な毎日をお過ごしくださいませ。
皆さまのご健康とお幸せを心よりお祈りしています。

# by fiorimusicali | 2017-01-10 12:36 | 生活 Life | Comments(2)  

辻宏記念オルガン友の会  辻紀子先生追悼演奏会

a0250338_11494154.jpg


                      (辻 紀子 先生  Mrs. Toshiko Tsuji)

お優しい辻紀子先生と、辻宏先生のことを、偲んで、私は12月6日に、白川町民会館グロリアホールで行われた追悼演奏会に、出させていただきました。


a0250338_1271161.jpg



                       (辻 宏先生    Mr. Hiroshi Tsuji )


a0250338_1433977.jpg


(辻宏先生のお作りになったパイプオルガン OP.82)


この日、私が弾いた曲は、ベルナルド・パスクイーニ Bernardo Pasquini  のパストラーレPastorale と、ルイージ・ゲラルデスキ Luigi Gherardeschi の テンポ・デイ・マルツイアTempo di Marcia A.D.1850 という曲です。

2曲ともイタリアの作曲家の作品で、パスクイーニのパストラーレは、田園曲とも訳され、小鳥のさえずりや、かっこうの鳴き声が聞こえ、小川のせせらぎ、羊飼いの姿も想い浮かぶ、美しい曲です。

L.ゲラルデスキは、ピストイアの作曲家です。この白い素敵なパイプオルガンでは、小鳥の声、シンバル、太鼓の音も奏でられるられるように、なっているんです。

テンポ・デイ・マルツイア1850は、明るくさわやかな曲で、オルガン友の会のお友達に手伝っていただいて、シンバルと太鼓の音も入れました。

紀子先生は、前に私がこの曲を、イタリアオルガンアカデミーの演奏会で、弾いたときに、とても喜んでくださいました。

お優しくて、暖かく私たちを今も見守ってくださる辻宏先生、紀子先生に感謝して、辻宏記念オルガン友の会のお一人、お一人が、素晴らしい演奏を、お捧げになられました。


a0250338_153369.jpg



a0250338_15505323.jpg

# by fiorimusicali | 2016-12-27 11:40 | オルガン Organ | Comments(3)  

アドヴェント ヌーンサーヴィス 2016 Advent Noon Service

a0250338_1871539.jpg

今年も、クリスマスが近づいてきました。
11月27日からクリスマスまでは、イエス様のお誕生を待ち望むアドヴェント(待降節)です。
名古屋中央教会では、お昼のひと時、聖書のメッセージを聞き、オルガンの調べに耳を傾けつつ、神様を礼拝する、アドヴェントヌーンサーヴィスが行われます。

 テーマ  「平和の主・キリストの到来に備えて」

 期間  12月6日(火)~10日(土)

      12月13日(火)~17日(土)

 時間  12時10分~12時45分

 場所 名古屋中央教会 2階礼拝堂

 名古屋中央教会のホームページはこちらです。

://nagoya-chuou-kyhttpoukai./com



なお、私は12月13日(火)にオルガンのご奉仕をさせていただく予定です。
入場無料です。どなたでも、お気軽にいらしてくださいませ。
寒い時ですが、暖かい心でお待ち申し上げます。

a0250338_1432198.jpg

# by fiorimusicali | 2016-11-29 18:10 | ヌーンサーヴィス  Noon Servi  

ミシェル・ブヴァールオルガンリサイタル Michel Bouvard Organ Recital

a0250338_2016528.jpg
a0250338_20151039.jpg


先週の土曜日、10月29日に、岐阜のサラマンカホールで、フランスの著名なオルガニスト、ミシェル・ブヴァールさんのオルガンリサイタルとマスタークラスが開かれました。

ブヴァールさんは、ヴェルサイユ宮殿の首席オルガニストを務めていらっしゃる方で、その演奏は、端正で、フランス人らしい優しさと優雅さにあふれた素晴らしいものでした。

ブヴァールさんの奥様は日本の方で、演奏の前のインタビューや、マスタークラスの時には、わかりやすく通訳をしてくださり、とても楽しかったです。

a0250338_20255692.jpg


フランス古典、スペイン古典そして、バッハのクラヴィ―ア練習曲第3部より、私の大好きな前奏曲とフーガ変ホ長調を含む数曲を弾いてくださったあと、アンコールには、おじい様ジャン・ブヴァール氏の作曲された、ヴォ―ジュ地方のフランス古民謡の主題によるクリスマスのオルガン曲を弾いてくださって、とっても素敵でした。

# by fiorimusicali | 2016-11-02 20:35 | オルガン Organ | Comments(0)  

イタリアからのお客様 A Visiter from Italy

a0250338_21275681.jpg


少し前のことになりますが、9月の25日から27日まで、イタリアのミラノから、素敵なお客様が八事の我が家にお泊りにいらしてくださいました。

a0250338_21322158.jpg


その方のお名前は、Maurizio Croci マウリツイオ・クローチさん、イタリアを代表する、オルガニスト・チェンバリストで、イタリア・ルネッサンス音楽の第一人者とも言われる方です。

名古屋では、イタリアオルガン音楽のマスタークラスを開いてくださり、私も参加させていただきました。

上の2枚の写真は、マスタークラスの前日、八事のアジアン料理のお店「マナナ」で夕食をいただいた時の写真です。

a0250338_21442484.jpg


この写真は、マスタークラス終了後、受講生とクローチ教授との素敵なディナータイムの記念写真です。

受講生は、白川のイタリアオルガンアカデミーで勉強している方がほとんどで、そのレヴェルの高さに、クローチ教授も感心されたようすでした。

a0250338_21531636.jpg


日本では、マスタークラスのほか、コンサートやCD録音など、予定がたくさんのクローチさん、八事のうちのオルガンでそのための練習をなさって行かれました。

# by fiorimusicali | 2016-11-01 22:07 | オルガン Organ | Comments(0)  

PHILHARMONIKER WIEN NAGOYA DAS 7.KONZERT

a0250338_21254712.jpg
a0250338_21262672.jpg


台風の季節が過ぎて、すっかり秋らしいこの頃となりました。
皆さまお元気でお過ごしでいらっしゃいますか?

我が家も、肇さんとクーちゃん、そして私3人少し風邪気味でしたけれど、美しい秋を迎えてまた、元気をとりもどしています。

先回お知らせした肇さんたちの名工大OBオーケストラの演奏会は、とても素晴らしかったです。聴きにいらして下さった皆さま、応援してくださった読者の皆さま、本当にありがとうございました。

肇さんは、次の、フィルハーモニカ―・ウイーン・名古屋の第7回演奏会、岐阜公演に向けて、猛練習中です。

今回は、ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団の、主席テインパニー奏者のアントン・ミッターマイヤー氏を指揮者にお迎えして、不二羽島文化センタースカイホールでコンサートが行われます。

曲目は、

ウエーバー・歌劇<魔弾の射手>序曲

モーツアルト・交響曲第35番ニ長調KV 385<ハフナー>

シューベルト・交響曲第8番ハ長調D944<ザ・グレイト>

の3曲です。

どうぞ、ご興味のある方は、ご一報くださいませ。(johannes_ohashi@yahoo.co.jp)ご招待させていただきます。

皆さま、素敵な秋をお過ごしくださいね。

# by fiorimusicali | 2016-10-27 22:12 | コンサートConcert | Comments(0)  

名工大管弦楽団OB会第19回定期演奏会

a0250338_18542430.jpg


2016年9月18日(日)16時30分より、愛知県芸術劇場コンサートホールにて、名古屋工業大学管弦楽団OB会第19回定期演奏会が開かれます。

2年に一度、名古屋工業大学の卒業生を中心とした演奏会を開いています。
今回は、のだめカンタービレの監修で有名な武藤英明先生を客演指揮にお招きして、
ニコライ作曲・過激「ウインザーの陽気な女房たち」序曲、
チャイコフスキー作曲・バレエ音楽「白鳥の湖」より抜粋、
チャイコフスキー作曲・交響曲第4番を演奏します。

チケットをご希望の方はご連絡ください。ご招待させていただきます。
みなさまのご来場をお待ちします。(肇)

# by fiorimusicali | 2016-09-05 19:27 | コンサートConcert | Comments(0)  

レストラン ワタナベ  Restaurant Watanabe

先週の土曜日、まだ、ワタナベに一度も行ったことのない肇さんを誘って、お昼をいただいてきました。

a0250338_14415023.jpg


最初に、ウニの入ったスクランブルエッグが出されました。

a0250338_14435273.jpg


次は前菜…金目鯛のクリューマリネと香味野菜野サラダ仕立てソースフランボワーズ

a0250338_14464229.jpg


とってもきれいです。

a0250338_14471897.jpg


スープは、豊田産 桃の冷製スープ

a0250338_14495742.jpg


メインデイッシュは私は、鳥取県産 地鶏のカツレツ キエフ風

a0250338_1453074.jpg


肇さんは石川県 輪島産 スズキのバタームニエル ソース・ノイリ―・ヴェルモット

a0250338_14555695.jpg


お料理の途中で出された、自家製のパン

りんごのお酒シードル入りだそうです。

a0250338_14574616.jpg


デザートは、アーモンド・ヌガーグラッセ ハチミツのアングレーズソースフルーツ添え

a0250338_14595869.jpg

食後の飲み物…果物のお酢
a0250338_1505897.jpg


ハーブテイ
a0250338_15111171.jpg


a0250338_1594142.jpg


どれも本当においしかったですが、この日特に気に入ったのは、キエフ風カツレツでした。
熱いカツレツから、ハーブ入りのバターが出てきて、何とも言えずおいしかったです。

どのお料理も繊細で美しく、とても楽しいひと時をすごすことができました。
渡邊シェフ・・・ごちそうさまでした!


レストランワタナベのホームページはこちらです。
http://watanabe-pomme.jp/watanabe/

# by fiorimusicali | 2016-09-01 15:23 | 生活 Life | Comments(0)  

アカデミー終わりました  Accademy finished

a0250338_21173761.jpg


第32回白川オルガン音楽アカデミーが、今日終わりました。
今日は、受講生コンサートと、閉講式が白川町民会館で行われました。

私は、今年で、受講15年目ということで、節目の年に当たり、白川町より、奨励賞をいただきました。

a0250338_21163081.jpg


立派な賞状と白川町からの贈り物のつつみ・・・
中を開けると・・・・

a0250338_2120695.jpg


白川町の名産、白川茶とお紅茶、そして、栗入りのどら焼きなどの、お菓子がたくさんはいっていました。

町長さんのお話では、白川茶というのは、日本のお茶の中でも、最も高級で、高いお値段がついているそうです。

素敵な贈り物をどうもありがとうございました。

これからも、オルガンの勉強頑張って続けます。

今年もアカデミーでたくさんのお友達に会えました。そして、新しくお友達になった方もいます。
中には、このブログを読んで私のことを知っていてくださる方もあり、とてもうれしかったです。

素敵な出会いに感謝します。
本当にありがとうございました。

# by fiorimusicali | 2016-08-24 21:29 | オルガン Organ | Comments(0)  

2016白川オルガン音楽アカデミー Shirakawa Organ Music Accademy

a0250338_21592285.jpg


a0250338_2212589.jpg
a0250338_2213573.jpg
a0250338_2215967.jpg


第32回白川イタリアオルガン音楽アカデミーが8月17日(水)から8月24日(水)まで、岐阜県白川町の町民会館で開かれます。

きのうは、その開会式でした。
私は、今年は都合により、実技参加でなく、聴講させていただくことになりましたが、全国から集まっていらっしゃった受講生のみなさんや、イタリアから、毎年講師としていらして下さるピネスキー先生はじめ、国際基督教大学の金澤正剛先生、元受講生で今年は講師をしてくださるカトリック麹町聖イグナチオ教会オルガニストの浅井寛子さんや、通訳をしてくださる神戸松蔭女子学院大学チャペルオルガニストの秀村知子さん、そして、白川町のみなさまににお会いできて、とてもうれしかったです。

今年は、白川町で、オルガン建造家として活躍され、このアカデミーの生みの親である、故辻宏先生の奥様の辻紀子(としこ)先生が6月1日にお亡くなりになられて、とても寂しいことですが、お二人の遺志を継いで私たちは、また、音楽の勉強を深め、国際親善に努めていきたいと、心に誓ったことでした。

# by fiorimusicali | 2016-08-18 22:42 | オルガン Organ | Comments(0)